文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

心理人間学科

学ぶ内容

心理人間学科は、人を理解し、人と関わり、人を支援する態度と、専門的な知識・技能を備えた人材の育成を目指しています。そのために、心理学、人間関係論、教育学、社会学といった学問的見地から、人間関係、発達、学習、教育、認知、他者支援、社会問題などに関する専門的知識、それらと向き合う態度、さらに研究する力を涵養します。こういった専門的な知識や力の修得は、批判的思考力や論理的思考力、課題探求力、文章表現能力、プレゼンテーション能力といった基礎的能力に支えられています。これらの基礎的な力を身につける科目も準備されています。

学科の特色

本学科における学びの特色は、実体験を通して学ぶ、仲間と共に学ぶという点にあります。「人間関係プロセス論」、「人間関係トレーニング」、「人間関係フィールドワーク」などでは、ラボラトリー方式の体験学習を用いた学びが展開されます。また小学校などを訪問し、参与観察を行う授業もあります。自らの体験から知見を導き出すトレーニングを重ねることで、実社会で活用できる能力を身につけていきます。また「心理学実験演習」や「心理調査法」、「質的研究法」といった研究の方法を身につける授業でも、受講生仲間とともに演習を通して学んでいきます。いわゆるゼミ(「心理人間学演習」)でも、教員や仲間の力を得ながら、各自が自分の研究テーマを追究し、研究プロジェクト論文にまとめます。

想定される進路

人を理解し、人と関わり、また支援することのできる能力を身につけた人材は、現代社会の各所で不可欠です。そのため心理人間学科の卒業生は、様々な業種業界にすすみ、仕事に就いています。また、教員免許などの資格を取得し、その方面へ進むこともできます。教員、家庭裁判所調査官、国家公務員、養護施設職員といった心理・教育・福祉関係の分野、産業界や各種行政機関における人事管理・人材開発担当者などを進路として想定することができます。加えて、大学院進学も想定される進路のひとつです。国家資格である公認心理師の受験資格は、大学および大学院で必要な科目を履修しておくことが必要ですが、本学科では「大学で指定された科目」の履修が可能なので、学科で学び、さらに大学院へ進むことになります。この公認心理師の他、臨床心理士や研究者などを目指して、教育・心理・臨床心理関係の大学院へ進学するという進路もあります。

学科長

人文学部/心理人間学科長 楠本和彦 教授(専攻分野:臨床心理学)

楠本和彦 教授

長期研究「1.教育領域における心理臨床的活動、2.箱庭制作面接における治療的要因の質的研究」

  1. 心理臨床的活動は様々な分野、領域で行われている。教育の領域における個人臨床、グループアプローチの独自性、有効な理論・方法を明らかにしていくことを目指す。
  2. 箱庭制作面接における治療的要因を、制作過程、説明過程、内省報告のデータを用いた質的研究により、探究する。

短期研究「1.青年期、成人期における心理臨床的活動、2.箱庭制作面接における治療的要因の質的研究」

  1. 大学における学生相談、大学生・成人に対するグループアプローチの特徴や有効な理論・方法を明らかにしていくことを目的とする。
  2. 箱庭制作面接における治療的要因を、制作過程、説明過程、内省報告のデータを用いた質的研究により、探究する。

学科作成Webページ

人文学部心理人間学科