文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

ソフトウェア工学科

履修について

学びの体系

ソフトウェア開発問題の本質をとらえ、抽象化する

ソフトウェア工学科の学科科目では、理学の基礎の上にソフトウェア開発技術とソフトウェア開発工程を支援する技術に関する専門知識を学び、ソフトウェア開発プロジェクトに適用する能力、および個別の開発問題を普遍的なソフトウェア開発支援技術として抽象化する能力を涵養します。また、問題解決型の実習および演習科目により技術統合能力を養成します。

副専攻制による技術統合能力の涵養

ソフトウェア工学の技術を実問題に適用する能力を基礎にして、副専攻分野における問題をコンピュータシステムで解決する際に、ソフトウェア工学の複数の技術を統合した手法を定義する能力を涵養します。データサイエンス副専攻では数理理論を土台としたデータ解析、電子情報工学副専攻では電子通信と情報セキュリティ、機械システム工学副専攻では制御工学、機械工学を学びます。

履修科目

学科科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

学科科目 必修科目

履修学年 科目名
1年次
  • 理工学基礎演習
  • 理工学概論(ソフトウェア工学)
  • 論理と集合
  • プログラミング基礎
  • プログラミング応用
  • 微積分学Ⅰ
  • 微積分学Ⅱ
  • 線形代数学Ⅰ
  • 線形代数学Ⅱ
2年次
  • 物理学基礎
  • 統計学概論
  • 通信ネットワーク基礎
  • 微積分学Ⅲ
  • 線形代数学Ⅲ
  • アルゴリズムとデータ構造
  • ソフトウェア工学基礎
  • システムプログラミング
  • 情報システム開発実習
3年次
  • ソフトウェア開発技術Ⅰ
  • ソフトウェア工学演習Ⅰ, Ⅲ, ⅠV
4年次
  • ソフトウェア工学演習Ⅴ~Ⅷ
  • 卒業研究Ⅰ~Ⅳ

学科科目 選択科目

履修学年 科目名
2年次
  • 計算機アーキテクチャとOS
1年次~3年次
  • 理工学海外研修
3年次~4年次
  • プログラミング言語
  • 情報モデリング
  • 数理論理学
  • ソフトウェア工学演習Ⅱ
  • ソフトウェア工学応用
  • ソフトウェア開発技術Ⅱ
  • 人工知能とソフトコンピューティング
  • Webアプリケーション開発実習
  • ソフトウェア工学国際講義
  • ソフトウェア工学特別講義

学科科目 副専攻科目

データサイエンス副専攻

履修学年 科目名
2年次~4年次

[ 必修科目 ]

  • 数理技術プログラミング
  • OR概論
  • ビッグデータ概論
  • 機械学習の数理

[ 選択必修科目 ]

  • 数理最適化
3年次~4年次

[ 必修科目 ]

  • PBL実践演習(データサイエンス)

[ 選択必修科目 ]

  • 幾何学概論
  • 多変量解析
  • 統計データ解析法

電子情報工学副専攻

履修学年 科目名
2年次~4年次

[ 必修科目 ]

  • ネットワークプログラミング
  • 電子工学基礎
  • 情報通信システム
  • 通信理論
3年次~4年次

[ 必修科目 ]

  • PBL実践演習(電子情報工学)

[ 選択必修科目 ]

  • 電子通信工学
  • 情報セキュリティⅠ
  • マルチメディア情報処理
  • データベース

機械システム工学副専攻

履修学年 科目名
2年次~4年次

[ 必修科目 ]

  • 機械制御プログラミング
  • 制御工学基礎
  • 制御理論Ⅰ
  • 機械工学基礎

[ 選択必修科目 ]

  • 計測工学
3年次~4年次

[ 必修科目 ]

  • PBL実践演習(機械システム工学)

[ 選択必修科目 ]

  • 制御理論Ⅱ
  • 機械・材料力学
  • HW/SW協調設計

カリキュラムの特徴

必修外国語である英語の授業は、1年次で週2~3コマの授業があります。(1コマ100分)
1~2年次でソフトウェア工学の基礎となる数学やプログラムミングを学び、論理的思考能力を身につけます。3年次からの2年間は各自の関心に応じた研究室に所属し、少人数の実習・演習を通して専門分野を深く学びます。