文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

ソフトウェア工学科

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

ソフトウェア工学科では、理工学部のディプロマ・ポリシーが定める能力に加えて、以下の能力を身につけた者に学士の学位を授与します。

  • コンピュータソフトウェアに関する理学(数学、情報科学)の基礎を修め、ソフトウェアの設計、管理、運用、保守のための技術と方法論を修得し、工学的手法に基づくソフトウェア開発を実践することのできる技術適用能力
  • ソフトウェアの工学的な設計、管理、運用、保守の技術を、その特徴に基づいて取捨選択し、組み合わせることで、ソフトウェア製品やサービスの多様化、高付加価値化を実現するための技術統合能力
  • ソフトウェアの工学的な設計、管理、運用、保守の技術を評価し、それらを改善した上で、新たな技術を構成する技術創造能力

カリキュラム・ポリシー

ソフトウェア工学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を養成するために、共通教育科目、学部共通科目、学科科目を配置し、以下の考えに基づく教育課程を編成しています。

  • 共通教育科目では、大学のディプロマ・ポリシーに示す能力を養成します。
  • 学部共通科目と学科科目の数学科目では、学部のディプロマ・ポリシーに示す能力を養成します。これには、学科のディプロマ・ポリシーに示す技術適用能力の基礎となる論理学や情報通信システムの基礎概念を学ぶ科目も含まれます。また、技術適用能力の基盤となるプログラミング技術を修得する科目も含まれます。
  • 学科科目では、学部共通科目と学科科目の数学科目で培った理学的素養の上に、ソフトウェア工学科のディプロマ・ポリシーに示す能力を養成します。
  • アルゴリズムとデータ構造やソフトウェア工学の基礎、プログラミング言語、ソフトウェア開発技術、計算機アーキテクチャとオペレーティングシステム、情報モデリング、人工知能に関する技術を広く学ぶことで、技術適用能力を養成します。
  • ソフトウェア工学の諸技術を実問題に適用する問題解決型の実習および演習科目を配置し、学際的な科目や他専門領域を学ぶ副専攻科目と併せて、技術統合能力を養成します。
  • 卒業研究科目と演習では、特定の教員の指導の下で、ソフトウェアの工学的な設計、管理、運用、保守に関する技術を能動的な教育環境で学習・研究しながら成果を卒業研究としてまとめることで、技術創造能力を涵養し、ソフトウェア工学科が養成する人材としての基軸を確固たるものにします。

アドミッション・ポリシー

ソフトウェア工学科では、学部のアドミッション・ポリシーに加えて、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけるための前提となる、以下の資質を持つ入学者を受け入れます。

  • ソフトウェアの工学的な開発のために必要な理学(数学、情報科学)を主体的に学ぼうとする意欲を持っている。
  • ソフトウェアの工学的な開発のための方法論を改善し、新しい開発技術を主体的に創造しようとする意欲を持っている。