南山大学

 

名古屋キャンパス/外国語学部 ドイツ学科(ドイツ文化専攻/ドイツ社会専攻)

  • 学生/男子:47名 女子:194名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/9名

履修について

学びの体系

ドイツは、ヨーロッパの政治・経済において中心的な役割を果たしている国家の一つです。とりわけ、移民問題、多文化共生、歴史教育、環境政策、安定した経済力などを学ぶには、ドイツ語圏は極めて重要な研究フィールドです。こうした研究をドイツ語で行うため、ドイツ学科では実践的なコミュニケーション能力の育成を中心とした質の高いドイツ語教育を行っています。少人数制の集中的なプログラムやテレビ会議システムによるドイツ語圏の大学生との共同授業を通して、全国でもトップレベルのドイツ語運用能力の獲得を目指します。ドイツ学科は、「ドイツ文化専攻」と「ドイツ社会専攻」の2専攻制ですが、両専攻とも1年次に「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」で調査・研究の手法やプレゼンテーションのスキルを身につけ、2年次までに基礎的なドイツ語の運用ができることを目標としたカリキュラムになっています。ドイツ語の授業は1年次で週6コマ、英語の授業は1年次で週2コマあります(1コマ90分)。さらに、2年次には「海外フィールドワーク」でドイツ語圏での言語研修に参加したり、「ドイツ語演劇研究」では、ドイツ語劇を実際に演じたりすることで、ドイツ語の表現力を高めていきます。3年次からはゼミがスタート。各自で研究を進め、最終年次には卒業論文に取り組みます。

履修科目

※学科科目、学部共通科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通教育科目 ドイツ語Ⅰ〜Ⅷ      



必修科目 両専攻共通 初級ドイツ語Ⅰ〜Ⅳ
基礎演習Ⅰ、Ⅱ
中級ドイツ語Ⅰ〜Ⅲ
基礎演習Ⅲ
上級ドイツ語Ⅰ、Ⅱ
演習Ⅰ、Ⅱ
演習Ⅲ、Ⅳ
研究プロジェクト
ドイツ文化
専攻
ドイツ研究の基礎
(言語・文化)
ドイツ語圏異文化
コミュニケーション論
ドイツ語翻訳法
ドイツ文学研究
文献講読(ドイツ語圏の文化)
 
ドイツ社会
専攻
ドイツ研究の基礎
(歴史・社会)
ドイツ研究の基礎
(政治)
ドイツ史
ドイツの政治と社会
文献講読
(ドイツ語圏の社会)
 
選択必修科目   中級講読    
  ドイツ語圏を知る
ドイツ語インテンシブA、B
    上級ドイツ語作文Ⅰ、Ⅱ
上級ドイツ語会話Ⅰ、Ⅱ
上級ドイツ語講読Ⅰ、Ⅱ
時事ドイツ語
選択科目※ ドイツ語演劇研究
ドイツ語実践演習
ドイツ語表現法
  ドイツ文学史
ドイツ思想史
ドイツの経済
    ドイツ語通訳法
ドイツ語学研究
ドイツ歴史研究
ドイツ思想研究
ドイツ政治研究
海外
フィールドワーク
(原則必修)
  海外フィールドワーク(ドイツ)    

必修・選択のカテゴリーと履修年次は専攻により異なる場合があります。
科目一覧は2017年度のものです。

※ドイツ文化専攻は、ドイツ社会専攻の必修科目が選択科目となります。
 ドイツ社会専攻は、ドイツ文化専攻の必修科目が選択科目となります。

カリキュラムの特徴

2年次までに基礎的なドイツ語の運用ができることを目標に、カリキュラムが整えられています。ドイツ語の授業は1年次で週6コマ、英語の授業は1年次で週2コマあります。(1コマ90分)
3年次よりゼミがスタート。言語・文学・文化・地域研究など専門分野に分かれ研究が行われます。