南山大学

 

[名古屋キャンパス]外国語学部

「読める・話せる」の、その先へ。

異文化理解能力と、次代を拓く知識と感性。

国際化が進み、国境を越えて取り組むべき問題がクローズアップされる今日、外国の文化・社会への理解と外国語の運用能力がますます重要になっています。外国語学部では、各外国語によるコミュニケーション能力と異文化理解能力を培い、次代を拓く知性と感性を身につけます。

理念・目的・教育目標

外国語学部の基本理念は、外国語の運用能力を身につけ、それに加えてその外国語の学問的研究、および、その言語が話される国や地域の文化と国際関係について、基本的知識と学問的訓練とを身につけた広い視野の人物の育成をすることである。言語の修得と地域研究の双方を重視したカリキュラムにより、異文化理解の素養の育成や、文化や価値観の多様性を尊重する態度の形成を促進し、グローバル社会で活躍できる人材を養成する。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー
外国語学部では、各学科において、専攻する言語の運用能力を培う科目に加え、当該言語、及び当該言語が話される国や地域に関する文化や社会、国際関係等についての専門科目の学習を通して、専攻する言語の運用能力を生かしながら、国際社会及び専攻言語が話される地域に関する幅広い知識と学問的訓練をベースに、以下のような能力を身につけた学生に学位を授与します。
  1. グローバル社会で活躍するために専攻言語に関する十分なコミュニケーション能力を持ち、自らの専門分野について専攻言語を用いて自らの思考をプレゼンテーションする能力を身につけた人
  2. 自分の思考を論理的に組み立てていく創造的思考力を持ち、専攻言語を用いて的確な文章で表現する能力を身につけた人
  3. 異文化への理解を深め、広い視野を持って文化の多様性を尊重する態度を学び、国際社会に貢献できるような教養を身につけた人
カリキュラム・ポリシー
外国語学部においては、グローバル社会で活躍するに相応しい広い視野を有する人材を養成するために、言語の習得と学際的な地域研究の双方を重視したカリキュラム編成のもとで、異文化理解の素養の形成や、文化や価値観の多様性を尊重する態度の形成を促進する。
具体的には、第一に、各学科において、専攻する言語の高度な運用能力の習得が可能となるとともに、当該言語の学問的研究、及び当該言語が話される国ならびに地域の文化や歴史、社会、政治、経済、国際関係等を含む学際的な「地域研究」が可能となるカリキュラムを備える。とくに専攻する言語の高度な運用能力の習得にあたっては、専攻する言語の運用能力の到達度を確認するために、当該言語に関わる運用能力を評価できる試験の受験する機会を設ける。また、専門科目として開講する「海外事情実習・語学実習」を通して、専攻する言語の運用能力の習得を確実にして発信力・コミュニケーション能力を高めると同時に、対象地域の言語研究および地域研究の実践の端緒、ないしは深化の契機とする。
第二に、グローバル社会の多様性に関する理解を深めるために、専攻する言語が話される国や地域を越えた形で、既存の学問分野を位置づけるとともに、言語や文化ならびに国際社会全般の理解を深めることができる学科横断的な学部共通科目を配置する。また、学部共通基礎科目として、言語を習得する意義や位置づけへの自覚を促すことを目的に将来のキャリア形成に資する科目も備える。
アドミッション・ポリシー
本学部は、「英米学科」、「スペイン・ラテンアメリカ学科」、「フランス学科」、「ドイツ学科」、「アジア学科」という5学科を備え、各学科の専攻言語の習熟とともに、それらの言語が使われている地域についての体系的で包括的な知識を有し、今日のグローバルな社会において活躍できる人材の養成を主たる目標としています。
この理念と目標に基づき、次の2つの資質を持つ者の入学を受け入れます。
  1. 異文化理解の素養ととともに、文化や価値観の多様性を尊重する態度を養うため、専攻する言語が話されている国や地域の文化と社会、国際関係に関する幅広い知識の修得に対して強い意欲を持っている人
  2. 日本国内および国際社会の様々な分野において多文化状況の創造を担うことに興味を持ち、入学時点で、日本語ならびに将来必要な語学力の基礎となる既習外国語(多くの場合、英語)の学力を持っている人

学部長

外国語学部長 真野 倫平 教授

[ 専攻分野 : フランス文学、歴史 ]

外国語学部長
真野 倫平 教授
長期研究「十九世紀フランス歴史学」
十九世紀は、歴史学が小説や哲学など他ジャンルとの密接な関係を保ちつつ、学問として制度的に確立してゆく時代であった。ギゾー、ティエリ、ミシュレら当時の歴史家たちの作品について、それぞれのスタイルの分析・比較を行うと同時に、現代の歴史作品との相違についても考える。これらの作品を、現代歴史学の未発達な形態としてとらえるのではなく、今日とは異なった学問のありかたを示すものとして理解したい。
短期研究「ジュール・ミシュレの歴史作品」
十九世紀フランスの歴史家ジュール・ミシュレの代表作『フランス史』をとりあげ、特にその「死」に関する記述について研究する。ミシュレは哲学派のギゾーや物語派のバラントといった先輩格の歴史家に対して、独自の歴史記述のスタイルを確立しようとつとめた。これらの同時代の歴史家との比較を通じて、ミシュレの歴史記述の独自性とその批判的射程とを明らかにする。
 

学科

英米学科

コミュニケーションツールとして、英語を使いこなします。

グローバル社会の第一線で活躍できるよう、優れた語学力に加え、十分な異文化対応能力と国際理解力を培います。また英語で物事を考え、討論する能力を身につけていきます。

スペイン・ラテンアメリカ学科

スペイン語圏の言語と文化を幅広く学びます。

世界で4億人以上もの人が母語とするスペイン語を学び、スペインやラテンアメリカの地域についての社会や思想、文化、政治、教育、歴史などを幅広く学んでいきます。

フランス学科

フランスの個性に触れ今のフランスに迫ります。

「聴く・話す・読む・書く」を含めたオールラウンドなフランス語の運用能力を育成するとともに、フランスの文学、歴史、文化、社会にまで学習研究を深めていきます。

ドイツ学科

思想・政治・歴史など「ドイツ」を深く学びます。

ドイツ人教師、日本人教師による徹底的なドイツ語のオールラウンドな学習とともに、ドイツの歴史や哲学、文学から、現在の政治・経済・外交・社会など幅広く学んでいきます。

アジア学科

成長著しいアジアについて学びます。

日本とアジアとの関係は緊密になり、相互依存も深まっています。こうした中で、中国語、インドネシア語を身につけ、コミュニケーションを通して相手の立場を理解し、日本の立場を説明できる人材を育成します。
 

取り組み

お問い合わせ

  • 履修関連/Phone:052-832-3117 Fax:052-832-3207