南山大学

 

名古屋キャンパス/外国語学部 アジア学科(東アジア専攻/東南アジア専攻)

  • 学生/男子:47名 女子:219名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/9名

履修について

学びの体系

近年、中国やインドネシアをはじめとするアジア地域は国際社会における存在感をますます高め、日本との経済的、人的交流も一層活発になっています。日本人がアジア地域の人々と接する機会が多くなっている現在、相互理解・相互交流を促進するために、深い理解をもつ人材が求められています。アジア学科では、中国、台湾、韓国などを含む東アジア地域を対象とする「東アジア専攻」、インドネシア、タイ、ベトナムなどを含む東南アジア地域を対象とする「東南アジア専攻」の2専攻を設置し、各地域の言語、文化、社会を専門的に学びます。

履修科目

※学科科目、学部共通科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通教育科目 中国語Ⅰ〜Ⅳ
インドネシア語Ⅰ〜Ⅳ
     



必修科目 両専攻共通 中国語Ⅰ、Ⅱ
発音・聴力
入門演習Ⅰ、Ⅱ
アジア学入門A、B
基礎演習Ⅰ、Ⅱ
アジアと日本
演習Ⅰ〜Ⅲ 演習Ⅳ〜Ⅵ
東アジア
専攻
  中級中国語Ⅰ、Ⅱ語法
中級中国語Ⅰ、Ⅱ読解
中級中国語Ⅰ、Ⅱ会話
   
東南アジア
専攻
  中級インドネシア語
Ⅰ〜Ⅲ会話・作文
中級インドネシア語
Ⅰ〜Ⅲ文法・講読
   
選択必修科目 両専攻共通     アジア地域演習 卒業論文演習
華人文化研究
華人社会研究
アジア経済論
近現代日本とアジア
東アジア
専攻
  中国圏の文化と社会
中国の現代事情
韓国・朝鮮の言語と文化Ⅰ、Ⅱ
中級中国語Ⅲ、Ⅳ読解
中級中国語Ⅲ、Ⅳ会話
中国語時事A、B
中国語作文A、B
中国語通訳法
中国語学研究
中国文学研究
中国文化研究
中国社会研究
中国近現代史研究
中国古代史研究
漢文学A、B
韓国・朝鮮の言語と文化Ⅲ、Ⅳ
東アジア国際政治史研究
東アジア特殊研究
アジア文献講読A
東南アジア
専攻
  東南アジアの歴史と社会
インドネシアの現代事情
中級インドネシア語応用Ⅰ〜Ⅳ
上級インドネシア語会話
時事インドネシア語Ⅰ〜Ⅳ
インドネシア社会研究
インドネシア文化研究
インドネシア言語研究
タイの言語と社会
タイ文化研究
東南アジア特殊研究
アジア文献講読B
ベトナム社会研究
選択科目※        
海外
フィールドワーク
( 原則必修)
  海外フィールドワーク
A(台湾)、B(インドネシア)
   

必修・選択のカテゴリーと履修年次は専攻により異なる場合があります。
科目一覧は2017年度のものです。

※東アジア専攻は、東南アジア専攻の必修科目・選択必修科目が選択科目となります。
 東南アジア専攻は、東アジア専攻の必修科目・選択必修科目がが選択科目となります。

カリキュラムの特徴

1年次では中国語とインドネシア語を中心に学び、2年次以降は希望する言語を選択し、より専門的な研究を行います。アジア地域を深く理解するためには地域全般に関する幅広い知識が必要とされるため、両専攻ともに1年次に英語(週2コマ)、中国語(第1・第2クォーターは週4コマ、第3・第4クォーターは週2コマ)、インドネシア語(週2コマ)を必修として学び(1コマ90分)、入門演習や講義を通して基礎知識を共有します。さらに2年次では、台湾で実施する「海外フィールドワークA」とインドネシアで実施する「海外フィールドワークB」を設け、海外実習に参加できます。このような学習を通して、中国語、インドネシア語、英語の3言語を習得し、東アジア地域・東南アジア地域の言語、文化、社会を深く理解する能力を身につけます。
3年次よりゼミがスタート。言語・文学・文化・地域研究など専門分野に分かれ研究が行われます。