南山大学

 

名古屋キャンパス/外国語学部 アジア学科(東アジア専攻/東南アジア専攻)

  • 学生/男子:44名 女子:218名 (2018年5月1日現在)
  • 教員/10名

開講科目・ゼミテーマ・卒論テーマ

Pick Up 授業

アジア学入門A、B [1年次]
日本に住む者がアジアを学ぶ上で必要不可欠な各種の基礎知識を身につけることを目的としています。Aでは中国及びインドネシアの地理・歴史・文化を中心に、Bでは中国及びインドネシアの現代事情を中心に学びます。
アジアと日本 [2年次]
日本とアジアの近隣諸国との交流を通じて、日本がアジアの人々から何を学んだか、アジアの人々と日本の人々はお互いをどのように認識してきたか、日本がアジアの人々に信頼されるために何が必要かなどを学びます。
中国語通訳法 [3・4年次]
シャドーイング、スラッシュ・リーディングなど通訳に欠かせない訓練、及びスマートフォンによるWeb会議の練習を通して、日中・中日通訳の基礎技術を修得し、中国語のコミュニケーション能力の向上を目指します。
中国文化研究 [3・4年次]
中国文化の代表としての古典詩歌、いわゆる漢詩の歴史と作法に関する基本知識を紹介し、代表的な作品を分析するとともに、日本漢詩も比較の対象として取り上げることによって、中国文化の特徴を理解します。
インドネシア社会研究 [3・4年次]
インドネシアは多くの言語、宗教、エスニック・グループを擁する多様性の国です。この社会はいかにして成立したか、人々はどのようにして生活を成り立たせているか、日本はそこの人々とどのように交流してきたかなどを学びます。
インドネシア文化研究 [3・4年次]
インドネシアの文化の中でも衣食住に注目し、たくさんの民族グループが存在してそれぞれが異なる価値観や生活様式を有する多様性と、経済発展・グローバル化・中間層化の中で進む文化の画一化現象について学びます。

ゼミテーマ例

東アジア専攻

  • 中国の伝統文化と文学
  • 現代中国における社会問題
  • 中国と台湾をめぐる国際関係

東南アジア専攻

  • 庶民のまなざしでとらえるインドネシア
  • インドネシアの社会と宗教
  • グローバル化の中のインドネシア

卒論テーマ例

東アジア専攻

  • 中国における網民と政府の攻防
  • 日中少子高齢化社会の比較
  • 日本動漫与中国青年

東南アジア専攻

  • グローバル化の時代の航空業界:ガルーダ・インドネシア航空の再生をめぐって
  • ジャカルタのカキリマと州政府の攻防―規制と支援の間で