南山大学

 

名古屋キャンパス/人文学部 日本文化学科

  • 学生/男子:104名 女子:339名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/11名

履修について

学びの体系

・日本文化・日本文学コース 文学作品はもちろん歴史や美術、芸能などを含め、幅広い分野から、日本の文化や文学、文化の交流の歴史、思想、社会に関する研究を行います。このコースでは、国語教師、社会・地歴の教師を目指すことができます。
・日本語学・日本語教育コース 日本語の歴史や文法、日本語教育の方法などについて学びます。日本語学習者が会話能力を養う構造を探ったり、日本語教育の実践力も養います。ことばに興味のある人、国語教師・日本語教師を目指す人に向いたコースです。

※このモデルは履修の目安であり、科目選択を拘束するものではありません。

履修科目

※学科科目、学部共通科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

1年次 2年次 3年次 4年次
必修科目
  • 日本文化学基礎演習Ⅰ,Ⅱ
必修科目
  • 日本文化学基礎演習Ⅲ,Ⅳ
必修科目
  • 日本文化学演習Ⅰ,Ⅱ
必修科目
  • 日本文化学演習Ⅲ,Ⅳ
  • 研究プロジェクト
選択科目
  • からだとことば
  • 文章表現法
  • 言語学概論
選択科目
  • 日本文化学入門
  • 日本文学入門
  • 日本語教育入門
  • 日本文化史概説
選択科目
  • 日本文化史
  • 近現代日本とアジア
  • 日本民俗文化論
  • 日本芸能史
  • 宗教人類学
  • 消費社会論
  • 日本経済史
  • 表象文化論
  • 表層文化論
  • 現代社会と人間
  • 日本思想史
  • 地域文化論
  • 日本中世史
  • 日本美術史
  • 和歌文学研究
  • 日本文学史
  • 物語・日記文学研究
  • 中世文学研究
  • 王朝文学研究
  • 近世文学研究
  • 近現代小説研究
  • 近現代文学研究
  • 近現代女性作家研究
  • 女性と古典文学
  • 古典資料講読
  • 中国古典研究
  • 古文献入門
  • 漢文学
  • 漢文学研究
  • 日本語史
  • 現代日本語の構造Ⅰ
  • 言語分析
  • 日本語シンタックス
  • 社会言語学
  • 日本語音声学
  • 日本語音韻論
  • 日本語研究史
  • 外国人による日本語研究
  • 日本語教授法Ⅰ
  • 第二言語習得研究
  • 日本語の教育と学習
  • 日本語教育文法:初級
  • 日本語教育教材研究
  • 日本語の会話教育
 
選択科目
  • 日本語教授法Ⅱ
  • 日本語教育文法:中級
  • 日本語の音声教育
  • 日本語能力評価法
  • 現代日本語の構造Ⅱ
  • 日本語の口頭能力研究
  • 心理言語学
  • コンピュータと言語学
     
選択科目
  • 日本語教育実地研究

【学部共通科目】

選択科目
  • 人文諸学の対話:こころをめぐって、人間をめぐって、社会をめぐって
  • 人文学超領域演習
  • 博物館概論
  • 人文学とキャリア形成
  • キリスト教文化
  • 日本語の多様性
  • 福祉論
  • 青少年問題論
  • 子ども・学校論
  • 情報組織化論
  • 視聴覚メディア論
  • 生涯学習論
  • パラダイム論
  • 聖書入門
  • キリスト教芸術:美術、典礼音楽
  • キリスト教史:古代・中世教会史、近世教会史、現代教会史
  • 日本キリスト教史
  • キリスト教哲学
  • 宗教史
  • 人類文化学基礎論
  • 文化人類学概論
  • 考古学概論
  • 哲学概論
  • 教育学概論
  • 人間関係概論
  • 社会心理学
  • 発達心理学
  • コミュニケーション論
  • 教育社会史
  • 教育思想
  • 比較教育学

※学部共通科目については、年次によって履修できる科目が異なります。

カリキュラムの特徴

必修外国語である英語の授業は1年次で週2コマ、選択必修外国語の授業は1年次で週2コマあります。(1コマ90分)
1、2年次では日本文化・日本文学・日本語学・日本語教育の4領域を総合的に学び、3年次からは専門分野の研究をします。日本語の運用能力を磨き、日本文化に関する幅広い教養を身につけられるカリキュラムが組まれています。