南山大学

 

名古屋キャンパス/人文学部 日本文化学科

  • 学生/男子:104名 女子:339名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/11名

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

日本文化学科では、人文学部のディプロマ・ポリシーに示す能力に加えて、日本文化、日本文学、日本語学、日本語教育の各領域にわたる知識を習得することを通して、世界における日本の位置づけや文化的多様性を理解し、本学の教育モットー「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)に基づいて、社会に貢献しようとする姿勢を持つ人材を育成します。そのために、本学科での履修を通して、以下の能力を身につけた者に学士の学位を授与します。

  • 日本文化、日本文学、日本語学、日本語教育についての基本的な知識を踏まえ、専門領域の文献や情報を精査し、その上に独創的な見解を持ち、表現することができる力
  • 多様な文化の1つとして日本文化を理解し、世界における日本文化の位置づけを考察することができる力

カリキュラム・ポリシー

日本文化学科では、ディプロマ・ポリシーに示す能力を養成するために、日本文化、日本文学、日本語学、日本語教育に関する教育課程を編成しています。
1年次では、学科での学習に必要な基礎的能力を身につけるために、本学科の学問的基礎としての各領域の入門的な科目とともに、日本文化学基礎演習Ⅰを配置します。日本文化学基礎演習Ⅰでは、アカデミック・スキルを含む主体的な学びを実践するための基本を身につけます。
2年次では、日本文化、日本文学、日本語学、日本語教育の各領域における専門的な研究の概要を知り、多様な文化の1つとして日本文化を理解し、位置づける力を養成するために、日本文化学基礎演習Ⅱを配置します。加えて2年次以降は各領域にわたる多種多様な学科科目の履修によって、それぞれの専門的な知識や研究方法を習得します。また、能動的学習の実践によって主体的な学びを体得するために、文献資料の講読を行う科目を配置します。
3・4年次では、少人数のクラスでの読解や調査・発表・議論を繰り返し行い、文献や情報を精査し、その上に独自の見解を加えることができる力を養うとともに、学生同士のコミュニケーションを通じて自主的に課題に取り組む姿勢を育むために、日本文化学演習Ⅰ・Ⅱを配置します。
さらに4年次では、本学科での主体的な学びの集大成として、研究プロジェクトを配置し、卒業研究を行って論文を作成します。

アドミッション・ポリシー

日本文化学科では、人文学部のアドミッション・ポリシーに示す資質に加えて、以下の資質を持つ人を受け入れるために、一般入試、全学統一入試、センター利用入試、推薦入試(学園内高等学校、カトリック系高等学校、指定校)等の試験・審査を実施します。

  • 日本の文化・文学・言語に関する興味をもち、その知識を深めたい人
  • ことばと人間のあり方について、さまざまな側面から学びたい人
  • 世界における日本の文化・文学・言語の位置や特徴を学び、異文化間の交流に関わりたいと考える人

一般入試等においては、本学科で学ぶための前提となる基礎学力を特に評価します。推薦入試においては、基礎学力に加えて、本学科で学ぶ目的の明確性と意欲、志望する領域についての知識の程度、口頭および文章による表現力を特に評価します。外国高等学校卒業者等入学試験および外国人留学生入学審査では、主に日本語と英語の運用能力および本学科において勉学する目的の明確さや適性について評価します。