南山大学

 

[名古屋キャンパス]人文学部

人間って何?その答えを徹底追及。

人間とは何か?人生とは?真のコミュニケーションとは?

こうした根源的な問いは、物の時代から心の時代へ、そして生命の時代となった今こそ深く考えられるべき問題です。人文学部では各学科の専門分野を追究しながら、常に可能性を秘めた人間に関する広く深い洞察力を養います。

理念・目的

2000年度に改組して新たにスタートした人文学部は、キリスト教学科、人類文化学科、心理人間学科、日本文化学科の4学科を擁している。本学部は、物の時代から心の時代へ、そして生命の時代となった21世紀において問われることになる「人間とは何か」「人生とは何か」「人と人の対話はいかになされるべきか」といった根元的な問題を深く考えることを目指している学部である。各学科の専門分野を追求しながら、同時に、人間に関する広く深い洞察力を養うことを目標に置いている。
大学進学率の上昇により大学の大衆化が進み、学生が大学に求める内容や質も大きく変化してきている。過去において行われた学生の大学進学動機に関する調査などでは、本学の人文系・外国語系学部の在学生の過半数が「自身の教養や視野を広げるために進学した」と回答している。このことは、大学教育における教養的知識の修得志向を如実に表している。大学審議会の答申においても21世紀の大学像の中に教養教育の重視が謳われている。人文学部は南山大学の中にあって、最もこの理念に即した教育目標を持っていると言える。学部全体の「リベラルアーツ」の志向は、学科毎の教育目標と両輪を成した形で、全人的教育を行うための必須要素である。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー
人文学部では、南山大学の建学の理念に基づく「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを踏まえつつ、現代の複雑化した社会と人間関係の中で、主体的に考え判断しながら生きていく力をもった人材の育成を目的としています。そのために、それぞれの学科の教育課程を通して、以下の能力を身につけた者に、学士(人文学)の学位を授与します。
  • 文化、歴史、社会、および人間のあり方に関する幅広い教養を背景として、現代の問題状況を洞察・理解する能力
  • 国際的かつ柔軟なコミュニケーションによって多様な他者を理解し受け入れる能力
カリキュラム・ポリシー
人文学部では、ディプロマ・ポリシーに示した能力を養成するために、「人文学部共通科目」および「学科科目」を配置しています。
「人文学部共通科目」として、「人文学部共通・選択科目A群」および「人文学部共通・選択科目B群」を設けています。「選択科目A群」は、「人文学部共通科目」の独自科目として、学科の専門領域をこえる人文科学の横断的・総合的な科目、短期留学プログラム、キャリア教育関連科目や中学校・高等学校の教員、博物館学芸員、図書館司書・司書教諭などの資格関連科目を含みます。他者とともに成長しながら自分たちの現状をより良くしていこうとする能力を涵養します。「選択科目B群」は、各学科の入門科目を他学科生のために開放することで、自学科での学びをさらに深めることを目的に、学生に横断的で広い視野を提供します。
「学科科目」の編成方針については、各学科のカリキュラム・ポリシーに示します。
アドミッション・ポリシー
人文学部では、大学のアドミッション・ポリシーに基づき、本学部の教育課程を修めるために十分な基礎学力を備えていることに加えて、以下の資質を持つ人を受け入れるために、一般入試、全学統一入試、センター利用入試、推薦入試(学園内高等学校、カトリック系高等学校、指定校)等の試験・審査を実施します。
  • 文化、歴史、社会、および人間のあり方についての知的関心をもっている人
  • 自己や他者との対話を通して成長していく自発性と協調性をもっている人
入学者の選考に際しては、一般入試等においては、各学科で学ぶための前提となる基礎学力を特に評価します。推薦入試においては、基礎学力に加えて、各学科で学ぶ目的の明確性と意欲、志望する領域についての知識の程度、口頭および文章による表現力を特に評価します。外国高等学校卒業者等入学試験および外国人留学生入学審査では、主に日本語と英語の運用能力および本学部において勉学する目的の明確さや適性について評価します。

学部長

人文学部長 青柳 宏 教授

[ 専攻分野 : 言語学 ]

人文学部長
青柳 宏 教授
長期研究「自然言語における形式と意味」
日本語・英語などの個別言語の分析をもとに、自然言語における形式(語彙構造、統語構造)と意味(論理形式)の関係を明らかにする。特に、普遍文法の観点から、論理形式が言語間できわめて均一であるのに比して、語彙構造、統語構造に言語間でどのような差異がみられるのか、また、その差が何に起因するのかを考える。
短期研究「動詞形態と機能範疇に関する日韓比較研究」
機能範疇の違いが言語間に存在する様々な統語的差異をどのように生み出しているのかという問題に日本語と韓国語から何らかの解答を提出することを目標とする。
よく知られているように、日本語と韓国語はいずれもSOV型の膠着言語であり、統語的に酷似している。しかし、否定形式、連体接尾辞の有無、軽動詞(lightverb)の出現の仕方、複合述語の連結順序、動詞重複構造、ヴォイスの形態など二言語間には微妙な差もある。ここで注目すべきことは、これらの差異にはいずれも機能範疇がからんでいると考えられることである。
従来の研究では無視されたり、単に事実の指摘だけに終わることの多かった日韓語の差異をも機能範疇という観点から捉えることができれば、本研究が日韓対照研究、ひいては比較統語論研究全般にあらたな貢献が可能だと考える。
 

学科

キリスト教学科

現代人が直面する多様な問題を見つめます。

キリスト教と様々な宗教との対話や比較、歴史と思想の探究、生命や環境への倫理的な問いかけなどを通して、現代社会に生きる人間が直面する多様な問題の解決を図る力を身につけます。

人類文化学科

文化の多様性と人間の普遍的本質を学びます。

「人類文化の幅広い多様性と、人間の普遍的な本質の追求」を目標に、考古学、文化人類学、言語学、哲学といった学問分野の学びを通して、人類の歴史を繙いていきます。

心理人間学科

人間について実践的に学びます。

自己自身について、自己と他者との関係について、そして、人間とは何かについて学ぶことができます。日本で唯一といえる「理論学習と体験学習との統合」を柱としたカリキュラムが特徴です。

日本文化学科

ことばと文化、ひとを通じて日本を識ります。

日本語を正しく適切に、そして豊かに運用できる言語能力と、文学、芸能、美術、思想、歴史などの日本文化に関する幅広い教養と理論的な思考力が身につきます。

お問い合わせ

  • 履修関連/Phone:052-832-3117 Fax:052-832-3207