南山大学

 

[名古屋キャンパス]人文学部

人間って何?その答えを徹底追及。

人間とは何か?人生とは?真のコミュニケーションとは?

こうした根源的な問いは、物の時代から心の時代へ、そして生命の時代となった今こそ深く考えられるべき問題です。人文学部では各学科の専門分野を追究しながら、常に可能性を秘めた人間に関する広く深い洞察力を養います。

理念・目的

2000年度に改組して新たにスタートした人文学部は、キリスト教学科、人類文化学科、心理人間学科、日本文化学科の4学科を擁している。本学部は、物の時代から心の時代へ、そして生命の時代となった21世紀において問われることになる「人間とは何か」「人生とは何か」「人と人の対話はいかになされるべきか」といった根元的な問題を深く考えることを目指している学部である。各学科の専門分野を追求しながら、同時に、人間に関する広く深い洞察力を養うことを目標に置いている。
大学進学率の上昇により大学の大衆化が進み、学生が大学に求める内容や質も大きく変化してきている。過去において行われた学生の大学進学動機に関する調査などでは、本学の人文系・外国語系学部の在学生の過半数が「自身の教養や視野を広げるために進学した」と回答している。このことは、大学教育における教養的知識の修得志向を如実に表している。大学審議会の答申においても21世紀の大学像の中に教養教育の重視が謳われている。人文学部は南山大学の中にあって、最もこの理念に即した教育目標を持っていると言える。学部全体の「リベラルアーツ」の志向は、学科毎の教育目標と両輪を成した形で、全人的教育を行うための必須要素である。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー
人文学部の教育の目標は、現代の複雑化した社会と人間関係の中で、主体的に考え判断しながら生きていく力をもった人材を育成することにあります。その力の具体的内容は、文化、歴史、社会など人間に関する幅広い教養を背景として現代の問題状況を洞察・理解する能力、柔軟なコミュニケーションによって多様な他者を理解し受け入れる能力、そしてどんな職業に就いても、他者とともに成長しながら自分たちの現状をより良くしていこうと努力する能力です。それぞれの学科の教育課程をとおして、これらの能力を身につけたと判断されたものに学士(人文学)の学位を授与します。
カリキュラム・ポリシー
4年間にわたるカリキュラムは、「共通教育科目」、「人文学部共通科目」、「学科科目」からなっています。
「共通教育科目」は南山大学の学生全体に共通する科目群です。人文学部では、この科目群の履修をとおして幅広い教養を身につけるとともに、英語以外の外国語も学ぶことを求めています。学生はそれぞれの関心に応じて、フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語などの現代西欧語、ギリシャ語・ラテン語などの西洋古典語、中国語・韓国朝鮮語・インドネシア語などのアジアの諸言語を選択できます。
「人文学部共通科目」には、学科の専門領域をこえる人文科学の横断的・総合的な科目の他に、キャリア教育関連科目や中学校・高等学校の教員、博物館学芸員、図書館司書・司書教諭などの資格関連科目が含まれ、学生が社会人としての活動に向かって成長していけるように支援します。
「学科科目」の内容は学科ごとに違いますが、人文学部全体に共通する原則として、学生は入学から卒業まですべての学年で教員と親しく交わりながら学ぶ演習形式の科目を履修すること、最終学年では、指導教員の下で各自のテーマを設定して研究プロジェクトを実施し、4年間の勉学の成果をまとめることを定めています。
アドミッション・ポリシー
人文学部は、学科ごとにアプローチの違いはあっても、現代社会にあって人間としての生き方を追求していくことのできる社会人を育てようとしています。したがって私たちは、以下のような関心と姿勢をもっている人の入学を求めています。
  • 文化、歴史、社会など人間に対する知的関心をもっている人
  • 自他のコミュニケーションをとおして成長していく自発性と協調性をもっている人
  • 将来、自分の職業と生活をとおして社会に貢献できるようになりたいと希望している人

学部長

人文学部長 吉田 竹也 教授

[ 専攻分野 : 文化人類学 ]

人文学部長
吉田 竹也 教授
長期研究「楽園の観光人類学」
インドネシアのバリ島と、日本の奄美・沖縄、とくに与論島を念頭において、「楽園」と呼ばれてきた観光地における観光化の現状や問題点について検討し、あわせて観光理論の関するあらたな可能性を探求する。
長期研究「バリ宗教の人類学的研究」
バリ宗教を近現代の歴史過程の中に位置づけて考察するとともに、バリ宗教文化を論じる人類学のパースペクティヴや理論それ自体をも考察の対象とし、バリ宗教とバリ研究の相互作用のあり方を検討しようとする。
長期研究「人類学的観光研究の再考」
バリ島に関する研究と、日本の南西諸島(奄美・沖縄)に関する研究とを対比させつつ、これに既存の可能理論研究にたいする批判的な再検討を加味しながら、人類学の立場からの観光研究をあらためて再構築しようとする。
長期研究「楽園観光地における宗教と観光の研究」
楽園観光という特異な観光の舞台となる観光地における、観光と宗教の関係性を、人類学的な民族誌的研究と社会学などの理論研究とを総合させることによって、探求する。
短期研究「バリの宗教と観光をめぐる考察」
バリ島のヒンドゥーの現状と歴史的構築の過程を、この島の観光化の過程と結びつけて理解しようとする。
短期研究「バリ島の観光地における日本人ビジネスの人類学的研究」
グローバル化の一端としての観光地化と外国人長期滞在者の増加とが交差する中に、バリに在住する日本人(元日本人)の観光ビジネスがある。彼らの観光ビジネスやそれを取り巻く状況について論じることから、現代バリの社会・文化・宗教を、従来の人類学的地域研究の枠組みとは別の角度から、捉えなおそうとする。
 

学科

キリスト教学科

現代人が直面する多様な問題を見つめます。

キリスト教と様々な宗教との対話や比較、歴史と思想の探究、生命や環境への倫理的な問いかけなどを通して、現代社会に生きる人間が直面する多様な問題の解決を図る力を身につけます。

人類文化学科

文化の多様性と人間の普遍的本質を学びます。

「人類文化の幅広い多様性と、人間の普遍的な本質の追求」を目標に、考古学、文化人類学、言語学、哲学といった学問分野の学びを通して、人類の歴史を繙いていきます。

心理人間学科

人間について実践的に学びます。

自己自身について、自己と他者との関係について、そして、人間とは何かについて学ぶことができます。日本で唯一といえる「理論学習と体験学習との統合」を柱としたカリキュラムが特徴です。

日本文化学科

ことばと文化、ひとを通じて日本を識ります。

日本語を正しく適切に、そして豊かに運用できる言語能力と、文学、芸能、美術、思想、歴史などの日本文化に関する幅広い教養と理論的な思考力が身につきます。

お問い合わせ

  • 履修関連/Phone:052-832-3117 Fax:052-832-3207