南山大学

 

名古屋キャンパス/人文学部 キリスト教学科

  • 学生/男子:27名 女子:69名 (2018年5月1日現在)
  • 教員/20名

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

キリスト教学科では、人文学部のディプロマ・ポリシーに示す能力に加えて、社会や人間関係における不変の課題である人間の尊厳と希望の根拠について、深く考えて柔軟に対処し解決する力を備えた人材を育成します。そのために、本学科での履修を通して、以下の能力を身につけた者に学士の学位を授与します。

  • キリスト教学の基礎的知識と理解および創造的な思考力
  • 各自が選択した専攻領域に関する深い理解と知識
  • キリスト教の思想的、文化的、歴史的、実践的分野に関する授業や活動を通して学んだ知識や経験を生かし、広い視野をもって現代社会を分析する力
  • 異文化間コミュニケーションのための基礎的知識と技能
  • 人間の尊厳を尊重し、建学の精神をもって社会に積極的に貢献する姿勢

カリキュラム・ポリシー

キリスト教学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を養成するために、共通教育科目、学部共通科目、学科科目を配置します。
共通教育科目では、大学のカリキュラム・ポリシーに示す能力を養成します。
人文学部共通科目では、学部のカリキュラム・ポリシーに示す能力を養成します。
学科科目では、キリスト教の思想、文化、歴史、実践などについておもに学びます。
1年次には、キリスト教学の基礎を学びます。ラテン語を学ぶことによって古典文献読解の基礎的技能を身につけ、聖書入門によってキリスト教の基盤を理解します。キリスト教学基礎演習Ⅰでは、学生が各自で課題を設定し、クラスの中でのプレゼンテーションを経て最終レポートにまとめる能動的学修を実施するほか、キリスト教関連施設での体験学習も行います。こうした学びを通して、初年次から、課題探求能力、問題解決能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力などを体験的に身につけます。
2年次には、より専門的なキリスト教学基礎演習Ⅱやその他の学科科目を自由に選択履修して、人文学およびキリスト教学の知識と理解を深め、人間の尊厳を尊重して社会に貢献する姿勢を涵養します。また、多様な宗教文化の交流や関係を扱う授業を通じて、異文化間の対話の精神を学びます。
3年次からは、各自が選んだ専攻分野のキリスト教学演習を中心に本格的に研究に取り組みます。同時に、他の様々な分野に関する授業を自由に選択して履修することによって、キリスト教学をより深く幅広く学ぶとともに、広い視野をもって現代社会を分析する力を養成します。
4年次では、それまでの学修と、各自が取り組んだ研究プロジェクトの集大成として、卒業論文を完成させます。
各科目の学修成果は、講義概要に示された到達目標の達成度に応じて評価します。

アドミッション・ポリシー

キリスト教学科では、人文学部のアドミッション・ポリシーに示す資質に加えて、以下の資質を持つ人を受け入れるために、一般入試、全学統一入試、センター利用入試、推薦入学審査(学園内高等学校、カトリック系高等学校等、指定校)、社会人入学審査等の試験・審査を実施します。

  • キリスト教の文化、芸術、音楽、文学などに強い関心がある人
  • キリスト教の歴史、思想史、教会史、教義史などに強い関心がある人
  • キリスト教の神学、哲学、宗教学、倫理学、聖書学などに強い関心がある人
  • キリスト教の霊性、信仰、教義、典礼、宣教などに強い関心がある人
  • カトリック司祭になることを目指す人
  • 宗教科教員免許状の取得を目指す人

一般入試等においては、本学科で学ぶための前提として、高等学校までの学習内容に関する基礎学力や理解力を特に評価します。推薦入学審査ならびに社会人入学審査においては、本学科で学ぶ明確な目的と意欲、口頭および文章による表現力を面接や小論文などを通じて評価します。外国高等学校卒業者等入学試験および外国人留学生入学審査では、主に日本語と英語の運用能力および本学科において勉学する目的の明確さや適性について評価します。
キリスト教学科は、自らの関心に基づいて能動的に学ぶことによって、宗教に関する幅広い知見を身につけるとともに、キリスト教の理解を深めることができる人を求めます。