南山大学

 

名古屋キャンパス/人文学部 キリスト教学科

  • 学生/男子:25名 女子:69名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/19名

履修について

学びの体系

・文化を中心に学ぶ キリスト教文化を基礎とし、日本の宗教思想などと比較して学びます。宗教が私たちの社会や文化に、どれほど深く関わっているかを解明します。
・思想・哲学を中心に学ぶ キリスト教東西の思想、中世哲学史などを中心に学びます。現代社会における私たち人間の尊厳について考え、その価値を再発見します。
・神学を中心に学ぶ 世界で最も読まれている聖書について、神学的解釈と実践を幅広く学びます。現代社会における私たち人間の、希望の根拠を見据える視点を養います。
・司祭養成課程 所定科目を履修することにより、ローマ教皇庁認可神学部の卒業資格を取得するための課程です。

※このモデルは履修の目安であり、科目選択を拘束するものではありません。

履修科目

※学科科目、学部共通科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

1年次 2年次 3年次 4年次
必修科目
  • 聖書入門
  • キリスト教学基礎演習Ⅰ,Ⅱ
必修科目
  • キリスト教学基礎演習Ⅲ,Ⅳ
必修科目
  • キリスト教学演習Ⅰ,Ⅱ
必修科目
  • キリスト教学演習Ⅲ,Ⅳ
  • 研究プロジェクト
選択科目
  • 聖書時代史
  • 聖書解釈史
  • キリスト教芸術:美術、典礼音楽
  • キリスト教史:古代・中世教会史、近世教会史、現代教会史
  • 古代哲学史
  • キリスト教学入門
 
選択科目
  • 中世哲学史
  • 近世・現代哲学史
  • 認識論
  • 自然神学
  • 旧約聖書学:モーセ五書、預言書
  • 新約聖書学:福音書・使徒言行録、書簡
  • 初期キリスト教思想
  • キリスト教思想
  • キリスト教哲学
  • 組織神学:終末論、キリスト論、三位一体論、神学的人間論、秘跡論
  • 基礎神学:啓示論、教会論
  • 典礼学:総論、感謝の祭儀、典礼暦年
  • キリスト教倫理学:基礎論、各論
  • 日本キリスト教史
  • 宗教学
  • 宗教社会学
  • 宗教史
  • 宗教思想
  • カウンセリング指導法
  • 司牧神学
  • 宣教学
  • 教会法:基礎論、各論
  • 聖書ギリシャ語(初級)
  • 聖書ヘブライ語(初級)
   
選択科目
  • 聖書ギリシャ語:中級
  • 聖書ヘブライ語:中級
  • 実践神学:説教学

【学部共通科目】

選択科目
  • 博物館概論
  • 人文諸学の対話:こころをめぐって、人間をめぐって、社会をめぐって
  • 人文学超領域演習
  • 人文学とキャリア形成
  • キリスト教文化
  • パラダイム論
  • 日本語の多様性
  • 福祉論
  • 青少年問題論
  • 子ども・学校論
  • 情報組織化論
  • 視聴覚メディア論
  • 生涯学習論
  • 人類文化学基礎論
  • 文化人類学概論
  • 言語学概論
  • 考古学概論
  • 哲学概論
  • 教育学概論
  • 人間関係概論
  • 日本文化学入門
  • 日本文化史概説
  • 日本文学入門
  • 日本語教育入門
  • 社会心理学
  • 発達心理学
  • コミュニケーション論
  • 教育社会史
  • 教育思想
  • 比較教育学
  • 日本文化史
  • 日本思想史
  • 地域文化論
  • 現代日本語の構造
  • 第二言語習得研究

※学部共通科目については、年次によって履修できる科目が異なります。

カリキュラムの特徴

必修外国語であるラテン語の授業は、1年次で週2コマあります。
その他、共通教育科目の中から、選択必修外国語の授業が1年次で週2コマあります。(1コマ90分)
超少人数教育のもと、1年次よりゼミ活動が開始。様々な宗教・価値観・文化背景をもつ学生が共に学びます。