南山大学

 

名古屋キャンパス/人文学部 人類文化学科

  • 学生/男子:171名 女子:346名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/20名

開講科目・ゼミテーマ・卒論テーマ

Pick Up 授業

統語論 [2〜4年次]
「言語学」の根本的な問いである、幼児は1才頃から話し始め、瞬く間に複雑な文法を操ることができるメカニズムについて、日英語の現象を分析し、人間の言語に共通する文法を構築しながら、謎に迫ります。
科学文化論 [2〜4年次]
科学技術を人間の社会や文化との関連で全体的に把握するために、歴史的・理論的な観点で考察します。通信技術の発達がコミュニケーション様式や人間関係のあり方を変化させたことなどを扱います。
古代哲学史 [2〜4年次]
古代ギリシア哲学は、旧来のものではなく、現代にも通じる問題に単純ながら力強く取り組んでいます。本講義では、哲学はもとより、古代ギリシア・ローマの歴史や神話についても映像資料をまじえながら紹介します。
宗教人類学 [2〜4年次]
宗教は我々の生活のあらゆる側面に浸透し、秩序の維持や変革などに一定の役割を担っています。本講義では宗教が持つそのような機能について、世界各地の事例をとりあげ人類学的視点に基づいて明らかにしていきます。
東アジア考古学 [2〜4年次]
2万年前に細石器を駆使した北東アジア地域が最高の技術水準にありながら、温暖化に際しドングリ利用に変貌したこと、他方、イネ栽培に成功した中国地域とでは、その後の歴史に雲泥の差が生じたことを検証していきます。
考古学実習 [2〜4年次]
考古学は遺跡を通じて人間を研究する学問です。考古学者の様々な調整方法を手と足を使って学ぶのがこの実習の目的です。遺跡を探す方法、見る方法、遺跡で得た情報を学術データとして整理する方法を学びます。

ゼミテーマ例

  • 環境哲学・景観哲学
  • 普遍文法と個別言語
  • 現代言語学の目的と諸分野
  • アフリカの人類学
  • 心の哲学と行為論
  • 東アジアの考古学

卒論テーマ例

  • 愛知万博と海上の森の価値
  • 環境倫理問題としての捕鯨
  • ニーチェの人間論
  • 二重目的構文の日英語比較研究
  • 始皇帝陵造営
  • シャーマニズムから見る日本の修験者