南山大学

 

名古屋キャンパス/外国語学部 英米学科

  • 学生/男子:191名 女子:575名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/19名

履修について

学びの体系

英米学科のカリキュラムでは、1年次から4年次までのすべての科目が体系的に配置されています。まず基礎教育を通して、情報収集、プレゼンテーション、ディスカッション、論文作成、PCの利用などに関する技法を習得します。同時に、学術的な議論ができる水準まで英語運用能力を高めます。次に専門教育を通して、英語圏の文化と社会についての豊かな知識、確かな思考力、説得的な発言力を身につけます。政治、経済、歴史、社会、外交、国際関係、文学、言語、英語教育、コミュニケーションなどについての専門科目を受講することで、専門知識を深めると同時に、思考力と発言力の向上を目指します。少人数クラスによる必修の演習科目では、学問的方法を学ぶとともに、自分で設定したテーマに関する研究成果を英語で卒業論文としてまとめます。

履修科目

※学科科目、学部共通科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

  1年次 2年次 3年次 4年次
共通教育科目 英語Ⅰ〜Ⅳ
オーラルコミュニケーション
英語Ⅰ〜Ⅳリテラシー
     



必修科目 Academic English
A Ⅰ - Ⅳ
Academic English
B Ⅰ - Ⅳ
演習Ⅰ〜Ⅲ 演習Ⅳ〜Ⅵ、
卒業論文演習Ⅰ、Ⅱ
選択必修科目 言語研究の基礎
文学研究の基礎
外国語教育の基礎
コミュニケーション研究の基礎
経済研究の基礎
政治研究の基礎(アメリカ)
社会学研究の基礎(アメリカ)
国際関係論の基礎(日本とアメリカ)
歴史研究の基礎(アメリカ、イギリス)
  Special Topics in English
海外フィールドワーク(アメリカ、イギリス)
選択科目  
アメリカの歴史
アメリカの社会
アメリカの政治
アメリカの文学
アメリカの外交
イギリスの歴史
イギリスの社会
イギリスの文学
政治とコミュニケーション
人間関係とコミュニケーション
異文化コミュニケーション
メディアとコミュニケーション
外国語教育論
第二言語習得論
英語の構造
英文法論
英語音声学
心理言語学
文学理論
国際関係論
国際経済学
英語通訳法
英語翻訳法

    英米歴史特殊研究
英米社会特殊研究
英米政治特殊研究
国際経済特殊研究
国際関係特殊研究
英米文学特殊研究
英米コミュニケーション特殊研究
英語教育特殊研究
英米言語学特殊研究

科目一覧は2017年度のものです。

カリキュラムの特徴

英語の授業は1年次で週6コマ、英語以外の選択必修外国語の授業は1年次で週2コマあります。(1コマ90分)
2年次までに基礎英語力を鍛え、3年次から始まる専門分野の研究を英語で考え、議論できるよう備えます。
3年次からは、英語と日本語の両方で専門科目を学べるように配慮されています。