文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

人間文化研究科 言語科学専攻(博士前期課程)3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

言語科学専攻博士前期課程では、人間文化研究科博士前期課程・修士課程のディプロマ・ポリシーに示す能力に加えて、言語学研究と日本語・英語を主とする外国語教育研究の発展に貢献し、以下の力を身につけた者に修士(言語科学)の学位を授与します。

  • 言語または言語習得について理論的に分析できる力
  • 言語教育の体系的な知識と高度の言語教育実践力
  • 英語教育者、日本語教育者や国語教育者として従事できる力

カリキュラム・ポリシー

言語科学専攻博士前期課程では、言語科学専攻の3つの大きな柱で構成される専門科目と研究指導からなる教育課程を編成し、その履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけた人材を育成します。
専門科目では、人間だけが用いる言語とはどういうものかを追究する言語学領域、英語を外国語として教える場合の言語教育の方法論を研究する英語教育領域、および、母語習得との違いに留意しつつ、日本語を外国語として教える場合の言語教育の方法論を研究する日本語教育領域、さらにこの3つの柱を支えるコミュニケーションに関する領域を設け、このそれぞれの領域に関する専門科目を配置します。
研究指導では、修士論文の完成に向けて、研究計画の立て方、調査方法、分析方法、さらに先行研究のまとめ方、参考文献の引用の仕方などを指導します。

アドミッション・ポリシー

言語科学専攻博士前期課程では、本専攻のカリキュラム・ポリシーに沿って編成した教育課程を修めるために十分な学力を備え、かつ人文学部あるいは外国語学部のディプロマ・ポリシーに示す力と同等の力を備えている人、とりわけ本専攻の専門性に鑑み、その目的を達成することに強い意欲を持つ以下の人、入学後に本専攻のディプロマ・ポリシーに示す能力を身につけられる人を受け入れます。

  • 人間の言語と文化に関心を持ち、言語学、言語教育、コミュニケーションに関する基礎的な知識を有する人
  • 英語または日本語で自らの研究について的確に伝えることができる基礎的なアカデミック・リテラシーを有する人

一般入学試験では、本研究科で学ぶ前提となる基礎知識、広く言語に関する英語の読解力、志望する研究領域に関する論述力、および研究計画を立案し遂行する能力について評価します。
推薦入学審査では、専門領域に関する基礎知識を備えていることを前提に、書類審査および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力について評価します。
社会人入学審査では、書類審査、小論文および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力に加えて研究計画を立案し遂行する能力、および社会での実績を評価します。
国内在住外国人入学審査では、書類審査、小論文および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、広く言語に関する英語の読解力も評価します。
国外在住者入学審査では、書類審査によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、英語や日本語の運用能力も評価します。