文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

人間文化研究科 宗教思想専攻(博士後期課程)3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

宗教思想専攻では、人間文化研究科博士後期課程のディプロマ・ポリシーに示す能力に加えて、以下の力を身につけた者に博士(宗教思想)の学位を授与します。

  • 神学、哲学、宗教学に関する文献の読解力と豊かな学識を持ち、これら3領域の学際的な相互理解に関連する研究を遂行する力

カリキュラム・ポリシー

宗教思想専攻では、神学・哲学・宗教学に関する以下の専門科目と研究指導科目からなる教育課程を編成し、その履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけた人材を育成します。
神学領域、哲学領域、宗教学領域のいずれかの領域を主領域とするとともに対話的視座を持ちつつ高い専門性をもった学術研究を研究者として自立して遂行できる能力を涵養するために専門科目を配置します。
研究指導科目では、自立した研究者を養成するという観点から、博士論文の完成に向けて、博士論文のテーマ、文献調査や実地調査の仕方、研究計画の立て方、文献目録の作成、各章の具体的な執筆や構成などに関して指導を行います。加えて、学会での口頭発表や論文投稿など、個別の課題に対しても指導教員の指導を行います。

アドミッション・ポリシー

宗教思想専攻では、本専攻のカリキュラム・ポリシーに沿って編成した教育課程を修めるために十分な学力を備え、かつキリスト教思想専攻のディプロマ・ポリシーに示す力と同等の力を備えている人、とりわけ本専攻の専門性に鑑み、その目的を達成することに強い意欲を持つ以下の人、入学後に本専攻のディプロマ・ポリシーに示す能力に示す能力を身につけられる人を受け入れます。

  • キリスト教的人間観のもとになっている聖書や信仰や神学に関心があり、聖書そのものの研究やそこから派生する神学的諸問題、倫理学的な諸問題などに関心がある人
  • 宗教思想の対話的研究を志している人
  • 古代から現代にいたる人類のさまざまな思索や哲学やそれらの歴史、なかでもギリシャ哲学、教父哲学、中世哲学、近世哲学などの西洋哲学、また、哲学的な思索そのものに関心がある人
  • キリスト教や仏教、その他のさまざまな宗教やそれらの歴史、宗教と社会、新しい宗教運動、宗教心理、また、宗教を研究する枠組そのものに関心があり、文献調査だけでなくインタビューや実地調査などの方法を駆使して宗教を研究することに関心がある人
  • これらの専門的な知識を生かして、研究者、聖職者などをめざしている人
  • 教職などの職業生活の中でさらに深い研究を続けたい、あるいは、キャリアアップのためにリカレント教育を受けたいと思っている人

一般入学試験では、本研究科で学ぶ前提となる専門知識、志望する研究領域に関する英語や関係言語の読解力、志望する研究領域に関する論述力、および研究計画を立案し遂行する能力について評価します。
社会人入学審査では、書類審査および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力に加えて、研究計画を立案し遂行する能力、および社会での実績を評価します。
国内在住外国人入学審査では、書類審査、小論文および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、日本語や英語の読解力も評価します。
国外在住者入学審査では、書類審査によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力、英語や日本語の運用能力も評価します。