文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

人間文化研究科3つのポリシー

修士課程(博士前期課程)

ディプロマ・ポリシー

人間文化研究科博士前期課程・修士課程では、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを人間文化研究領域の各専攻分野において実践する研究能力をもった研究者、高度専門職業人を養成します。キリスト教思想専攻、人類学専攻、教育ファシリテーション専攻、言語科学専攻において、人間文化研究領域における高度な知識を有し、問題解決に寄与する力を深長することを目指し、以下の力を身につけた者に修士の学位を授与します。

  • 人間性の本質的な理解を追求し、社会の問題を解決して地域、世界の発展に寄与する力

カリキュラム・ポリシー

人間文化研究科博士前期課程・修士課程では、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを体現する教員、研究者、高度な教育者、高度専門職業人を養成するために、研究科共通科目と専門科目および研究指導からなる教育課程を編成し、その履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけた人材を育成します。
研究科共通科目では、「キリスト教的人間論」、「人間文化と社会」、「人間関係論」、「人間と言語」、「文化資源学研究」を配置し、各専攻の基礎や研究科共通の素養を涵養します。
専門科目では、専攻分野の主領域や他領域から研究課題に関連する科目を有機的に配置し、専門領域に関する高度な知識を涵養します。
研究指導では、研究指導教員による研究指導科目や演習科目を配置し、学位論文あるいは特定課題研究の作成を通して、基本的な研究方法を修得し、研究テーマに関する問題意識の深化また問題解決能力の向上を図り、専門性を高めます。

アドミッション・ポリシー

人間文化研究科博士前期課程・修士課程では、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを深く理解し、本研究科のカリキュラム・ポリシーに沿って編成した教育課程を修めるために十分な学力を備え、かつ人文学部あるいは外国語学部のディプロマ・ポリシーに示す力と同等の力を備えている人、とりわけ本研究科の専門性に鑑み、その目的を達成することに強い意欲を持ち、入学後に本研究科のディプロマ・ポリシーに示す能力を身につけられる人を受け入れます。
本研究科の専門性、および目的を達成するために必要な力を備えているかどうかを、以下の入学試験(審査)によって評価します。
一般入学試験では、本研究科で学ぶ前提となる専門知識、志望する研究領域に関する英語または関係言語の読解力、志望する研究領域に関する論述力や研究計画を立案し遂行する能力について評価します。
推薦入学審査では、専門領域に関する基礎知識を備えていることを前提に、書類審査や口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力について評価します。
社会人入学審査では、書類審査、小論文および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力に加えて、研究計画を立案し遂行する能力、および社会での実績を評価します。
国内在住外国人入学審査では、書類審査、小論文および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、日本語や英語の読解力も評価します。
国外在住者入学審査では、書類審査によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、英語や日本語の運用能力も評価します。

博士後期課程

ディプロマ・ポリシー

人間文化研究科博士後期課程では、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを人間文化研究領域の各専攻分野において実践する専門家、教育能力と研究能力を兼ね備えた教員、研究・教育機関の中核を担う研究者、指導的人材を養成します。宗教思想専攻、人類学専攻、言語科学専攻において、人間文化研究領域における高度な知識を有し、問題解決に寄与する力を深長することを目指し、以下の力を身につけた者に博士の学位を授与します。

  • 人間と文化をめぐる多様な価値観の根底にある諸問題を解決する研究能力ならびに研究成果を地域社会や国際社会の発展に応用する力

カリキュラム・ポリシー

人間文化研究科博士後期課程では、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを体現する専門家、教員、研究者、指導的人材を養成するために、専門科目および研究指導科目からなる教育課程を編成し、その履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけた人材を育成します。
専門科目では、博士前期課程に引き続き専攻分野の主領域や他領域から研究課題に関連する研究を深化するための科目を有機的に配置し、専門領域に関する高度な知識を涵養します。
研究指導では、研究指導教員による研究指導科目や演習科目を配置し、学位論文の作成を通して、博士前期課程で身につけた研究方法を応用し、研究テーマに関する問題意識の深化また問題解決能力の向上を図り、さらに専門性を高めます。

アドミッション・ポリシー

人間文化研究科博士後期課程では、「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを深く理解し、本研究科のカリキュラム・ポリシーに沿って編成した教育課程を修めるために十分な学力を備え、かつ本研究科博士前期課程のディプロマ・ポリシーに示す力と同等の力を備えている人、とりわけ本研究科の専門性に鑑み、その目的を達成することに強い意欲を持ち、入学後に本研究科博士後期課程のディプロマ・ポリシーに示す能力を身につけられる人を受け入れます。
本研究科の専門性、および目的を達成するために必要な力を備えているかどうかを、以下の入学試験(審査)によって評価します。
一般入学試験では、本研究科で学ぶ前提となる専門知識、志望する研究領域に関する英語または関係言語の読解力、志望する研究領域に関する論述力や研究計画を立案し遂行する能力について評価します。
社会人入学審査では、書類審査および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力に加えて、研究計画を立案し遂行する能力、および社会での実績を評価します。 国内在住外国人入学審査では、書類審査および口述試問によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、日本語や英語の読解力も評価します。
国外在住者入学審査では、書類審査によって、志望する研究領域に関する論述力と研究計画を立案し遂行する能力に加えて、英語や日本語の運用能力も評価します。