文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

南山の方針3つのポリシーを策定するための全学的な基本方針

南山大学は、建学の理念および教育モットーのもと、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)の3つのポリシーを定める。3つのポリシーは、この全学的な基本方針に基づき、策定する。

1. 3つのポリシーの基本的な考え方

1. ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

ディプロマ・ポリシーは、大学、学部・学科、研究科・専攻の目的に基づき、どのような資質・能力を身に付けた者に卒業・修了を認定し、学位を授与するのかを定める基本的な方針であり、学生の学修成果の目標となるものである。

2. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

カリキュラム・ポリシーは、ディプロマ・ポリシーの達成のために、どのような教育課程を編成し、どのような教育内容・方法を実施し、学修成果をどのように評価するのかを定める基本的な方針である。

3. アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

アドミッション・ポリシーは、ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーを踏まえ、どのような入学者を受け入れるかを定める基本的な方針であり、受け入れる学生に求める学習成果を示すものである。

2. 策定単位

大学、学部・学科、研究科・専攻を策定単位とする。

3. 策定方針

3つのポリシーは相互の関連性を意識し、一貫性・整合性あるものとして策定する。特にディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーは、卒業・修了までに学生が身に付けるべき資質・能力と、それを達成するための具体的な教育課程の編成・実施、学修成果の評価の在り方等を示すものであり、両者の一体性・整合性を強く求める。

1. ディプロマ・ポリシー

  • 在学生に対しては自身が身に付ける資質・能力の目安・指針となりうるものであり、社会に対しては卒業・修了生に最低限備わっている資質・能力を保証するものとして機能するものであるため、卒業・修了までに養成する資質・能力をできる 限り具体的かつ明確に記載する。
  • 学修成果は、卒業・修了生が「何を学び、身に付けることができるのか」を、専門分野に係る資質・能力も含めて策定し、定量的又は定性的な根拠に基づき評価することができるものとする。

2. カリキュラム・ポリシー

  • ディプロマ・ポリシーに示した学修成果を学生が身につけるための教育課程の編成(科目の配置等)、教育課程の実施(授業形態や教育方法等)とともに、教育課程を通じて身につけた学修成果の評価方法を具体的かつ明確に記載する。

3. アドミッション・ポリシー

  • ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーを踏まえるとともに、「学力の3要素」を念頭に置き、入学前にどのような能力をどのようにして身に付けてきた学生を求めているか、入学後にどのような能力をどのようにして身に付けられる学生を求めているかなど、多様な学生を評価できるような入学者選抜の在り方について、具体的かつ明確に記載する。
  • 必要に応じ、入学前に学習しておくことが期待される内容についても記載する。