文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

社会科学研究科 経済学専攻(博士前期課程)3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

経済学専攻博士前期課程は、社会科学研究科博士前期課程のディプロマ・ポリシーに示す能力に加えて、以下の力を身につけた者に修士(経済学)の学位を授与します。

  • 社会経済の情勢や問題を一定の分析方法を用いて分析し判断する能力
  • 深い学識や研究能力を備え、社会において指導的役割を担える能力
  • 経済学に関する専門的・学術的な研究能力

カリキュラム・ポリシー

経済学専攻博士前期課程では、研究科選択必修共通科目、研究科選択共通科目、専攻科目、研究指導科目からなる教育課程を編成し、その履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけた人材を育成します。上記の科目を有機的、体系的に配置することで、経済学の高度な専門教育を行うと同時に、経済学の専門知識を幅広くかつ柔軟に活用し、様々な領域での社会貢献を目指すための能力を涵養します。
専攻科目では、経済学の基本的知識やデータ分析のスキルを習得し、各専門分野における専門的な理論的考察能力やより高度なデータ分析力を身につけます。
研究指導科目では、修士論文の作成に向けて問題の発見や分析を行い、問題解決を行う能力を養います。

アドミッション・ポリシー

経済学専攻博士前期課程では、本専攻のカリキュラム・ポリシーに沿って編成した教育課程を修めるために十分な学力を備え、かつ経済学部のディプロマ・ポリシーに示す力と同等の力を備えている人、とりわけ本専攻の専門性に鑑み、その目的を達成することに強い意欲を持つ人、入学後に本専攻のディプロマ・ポリシーに示す能力を身につけられる人を受け入れます。
経済学専攻では、経済学を学んだ学生だけでなく、他学部出身の学生や、実務経験を有する社会人、外国人にも、広く入学の機会が開かれています。そのため、一般入学試験、社会人入学審査、推薦入学審査、飛び級入学審査、国外在住者入学審査、国内在住外国人入学審査、他大学オープン推薦入学審査などの入学審査を設け、多様な学生の能力を評価します。また、経済学、経営学、総合政策学の諸分野を横断的に学び社会科学の専門知識と幅広い能力の向上を目指す者を受け入れるために、他専攻を修了した者を受け入れる他専攻推薦入学審査を行います。
さらに、社会人を対象に、就業等の事情で2年間での課程修了が困難であり、3年以上の在学を希望する人に対しては、「長期在学コース」を設けます。