南山大学

 

法学部 法律学科

  • 学生/男子:654名 女子:533名 (2019年5月1日現在)
  • 教員/39名 (※法科大学院の専任教員を含む)

履修について

学びの体系

・司法特修コース 法曹、研究者その他の高度な法律専門職を目指す学生を対象に、法科大学院で行われているような双方向の少人数授業の履修、共同研究室の利用など、最適な学びの場を提供するコースです。また、所定の要件を満たせば、3年次までに本学法務研究科または法学研究科への進学が可能なカリキュラムが提供され、早い段階から高度な専門領域を学び、大学院進学レベルの実力をつけることができます。
・行政・ビジネスコース

公務員などの公的機関や民間企業など、多様な志望や進路を考える人や、自らの興味・関心に沿って学ぶためのコースです。他学部・他学科で開講されている授業科目を含み、授業科目の選択の幅が広く、4年間かけて、じっくりと、幅広く、進路や学問の興味・関心に対応できるコースです。

※このモデルは履修の目安であり、科目選択を拘束するものではありません。

履修科目

※学科科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

1年次 2年次 3年次 4年次
選択科目
  • [ 法律基本科目 ]
  • <憲法>
  • 憲法A・B
  • 人権総論
  • 憲法総論
  •  
  • <民法>
  • 民法総論A・B
  • 契約法A・B
  • 物権法
  •  
  • <刑法>
  • 刑法総論A・B
  • [ 法の一般理論等に関する科目 ]
  • 社会学総論
  • 倫理学総論
  • [ 演習科目など ]
  • ベーシック演習A〜D
 
選択科目
  • [ 法律基本科目 ]
  • <憲法>
  • 憲法C
  • <行政法>
  • 行政法総論A・B
  • <民法>
  • 不法行為法
  • 債権法総論
  • 担保法
  • 家族法A・B
  • <刑法>
  • 刑法各論A・B
  • <商法>
  • 会社法A
  • 有価証券法
  • <刑事訴訟法>
  • 刑事訴訟法A・B
  • [ 新たな法領域に関する法律科目 ]
  • 労働法A・B
  • 少年法
  • [ 国際関係に関する法律科目 ]
  • 国際法総論A・B
  • 国際私法A・B
  • [ 法の一般理論等に関する科目 ]
  • 法社会学
  • 法哲学A・B
  • 西洋法史A・B
  • 日本法史
  • 政治思想史A・B
  • <比較法>
  • 英米法
  • フランス法
  • ドイツ法
  • [ 政治学科目 ]
  • 政治学原論A・B
  • 行政学A・B
  • 国際政治学A・B
  • 政治史
  • 国際機構論
  • [ 演習科目など ]
  • 憲法特修演習Ⅰ〜Ⅳ
  • 民法特修演習Ⅰ〜Ⅳ
  • 刑法特修演習Ⅰ〜Ⅳ
  • ミドル演習A〜D
  • 海外法文化研修A・B
 
選択科目
  • [ 法律基本科目 ]
  • <商法>
  • 会社法B
  • 企業法総論
  • 応用会社法
  • 企業法各論
  • 保険法
  • 民事訴訟法A・B・C
  • 倒産法
  • 民事執行法
  • [ 新たな法領域に関する法律科目 ]
  • 租税法A・B
  • 消費者法
  • 経済法A・B
  • 知的財産法
  • 環境法
  • ジェンダーと法
  • 企業法務
  • 社会保障法
  • [ 国際関係に関する法律科目 ]
  • 国際法各論A・B
  • 国際経済組織法
  • 国際取引法
  • [ 法の一般理論等に関する科目 ]
  • 法と経済学
  • [ 演習科目など ]
  • 民事法特修演習Ⅰ〜Ⅳ
  • 刑事法特修演習Ⅰ〜Ⅲ
  • 公法特修演習Ⅰ〜Ⅲ
  • アドバンスト演習A〜D
   
選択科目
  • [ 演習科目など ]
  • 法学演習A・B Ⅰ〜
  • 卒業論文演習Ⅰ〜
  • 法務研究科開講科目の履修

カリキュラムの特徴

必修外国語である英語の授業は、1年次で週2コマの授業があります。さらに、英語を含む選択必修外国語の授業は1年次で週2コマあります。(1コマ90分)
1年次で、基本となる憲法・民法・刑法の総論を学び、2年次から各法律について詳しく学びます。全ての学年で少人数ゼミがあり、学生自身が社会の様々な問題点を提起し、学説・判例を調べて発表を行い、議論を重ねます。