南山大学

 

名古屋キャンパス/法学部 法律学科

  • 学生/男子:683名 女子:587名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/38名 (※法科大学院の専任教員を含む)

学科紹介

法的センスと思考能力を身につけ、現代社会と人間について多面的に学ぶ。

学ぶ内容

法律は社会の様々な紛争を予防し、解決する道具であり、社会の基本的ルールです。法律学科では、法律の学びを通してリーガルマインド(法律的な考え方)を身につけ、現代社会が抱えている様々な問題を的確に理科し、社会を支える基盤となる人間を深く探究します。法律を学ぶにあたり、1年次で基本となる憲法・民法・刑法を勉強します。2年次からは、各自の興味や関心、キャリア・プランに沿って学びを深められるよう、幅広い選択科目を設置しています。伝統的な法律科目である基本六法はもちろん、近年の日本社会で大いに議論されている「労働法」や「少年法」、「知的財産法」「消費者法」「ジェンダーと法」などの新領域、「国際法」「英米法」など<グローバル科目>も学ぶことができます。

学科の特色

本学科では、1〜4年次まですべての学年に、1クラス20名程度の少人数ゼミがあります。ゼミでは、学生自身が社会の様々な問題点を提起し、判例を調べて発表を行い、他の学生との議論を重ねます。主体的かつ双方向的な学習により、実践的なスキルを身につけることができます。1年次のベーシック演習では、本学科の教員が共同で作成した共通教材『テキスト&マテリアルズ』を使用し、法律学の基礎的技法を学びます。現実社会で法律がどのように活用されているのかを体感できる、裁判所見学などの機会も設けています。また、法科大学院への進学や各種国家試験・法律資格取得を目指す人のための履修モデルもあり、効率よく体系的な学習ができます。

想定される進路

現代社会はますます複雑化し、様々な問題を抱えています。本学科は、法律学の勉強を通して、それらの問題を的確に理解し、どのように処理すべきかを適切に判断できる能力を備えた人材の育成を目指しています。単なる知識の蓄積でなく、法的思考力を磨き、社会を理解し批判する技術や素養を身につけて卒業した学生は、公務員・会社員・教員など多種多様な職業でその能力を発揮しています。また、弁護士・検察官や裁判官といった法曹を目指し、司法試験や国家公務員試験、司法書士試験などの難関試験に挑む学生も増えています。現役で合格した学生による体験談など、勉強方法や経験などは先輩から後輩へと伝授しています。

学科長

法学部/法律学科長 伊藤 司 教授

[ 専攻分野 :民放 ]

法学部
法律学科長
伊藤 司 教授
長期研究「家族財産の法的取扱」
家族の財産について、家族関係の終了時を中心にしてその法的取扱がいかにあるべきかについて検討している
長期研究「金利制限のあり方についての研究」
利息制限法を中心とした金利制限について、その制限のあり方について検討している
短期研究「内縁夫婦財産の法的取扱」
内縁夫婦の財産についてその関係解消時の財産の取扱について検討している