南山大学

 

名古屋キャンパス/経営学部 経営学科

  • 学生/男子:536名 女子:607名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/34名 (※ビジネススクールの専任教員を含む)

履修について

学びの体系

本学科のカリキュラムは、総合的な経営判断力を高めるため、アメリカのビジネススクールをモデルとした4コア制を導入しています。一般的には「総論・組織論・労務論」「財務論・ファイナンス」「マーケティング・流通論」「会計学」の4種類の専門コア科目群を中心に組み立てています。科目間のつながりにも配慮し、「経営英語カリキュラム」や「アドバンスト会計」なども配置しています。

1・2年次の基礎演習を終えた後、3年次からは必修科目の経営演習が始まります。それまでに自分の興味のある分野を見つけ、何を中心に学びたいかを決めておく必要があるでしょう。4年次には、4年間の学業の総決算として卒業論文を作成し、大学生活を締めくくります。優秀な学生論文は『南山大学経営学生論集』に全文掲載して刊行しています。また、各自の卒業論文の要旨は『卒業論文要旨集』にまとめ、後輩たちの卒業研究の参考文献として活用されています。

履修科目

※学科科目の他に、共通教育科目を履修する必要があります。

1年次 2年次 3年次 4年次
選択必修科目
  • 基礎演習Ⅰ,Ⅱ
  • 経営学総論
  • 統計学
  • 会計原理
  • 数学
選択必修科目
  • 基礎演習Ⅲ,Ⅳ
  • 経済原論
  • 経営労務論
  • ファイナンス
  • マーケティング論
  • 財務会計論
必修科目
  • 経営演習Ⅰ
必修科目
  • 経営演習Ⅱ
選択科目
  • アドバンスト会計
  • 情報基礎
  • 情報処理A
 
選択科目
  • 経営組織論
  • 資本市場論:債券・株式、金融機関
  • 流通論
  • 経営史
  • 企業論
  • 国際会計論
  • 経営管理論
  • 経営環境論
  • 経営倫理
  • 法と経済学
  • 商法
  • 民法
  • 現代産業論:総合商社論、現代銀行論、電子・電機産業論、自動車産業論、起業論、ツーリズム概論、現代証券業論、先輩実務家と語る
  • 商業簿記中級
  • 工業簿記
  • ビジネス英語:オーラル・コミュニケーション、リーディング&ライティング
  • 情報処理B
  • 経営数学
  • 経営統計学
 
選択科目
  • 労使関係論
  • 組織心理学
  • 国際人事管理論
  • 投資論:実物投資、証券投資
  • 国際財務論
  • デリバディブ
  • 消費者行動論
  • ブランド・マネジメント
  • マーケティング・コミュニケーション
  • 内部監査論
  • 外部監査論
  • 経営分析論
  • 税務会計論
  • 管理会計論
  • 公会計論
  • 原価計算論
  • グローバル・ビジネス論
  • 経営戦略論
  • オペレーションズ・リサーチ
  • 経営情報システム論
  • 金融論
  • 国際経済学
  • 産業組織論
  • 労働経済学
  • 労働法
  • 経済法
  • 行政法
  • 職業指導
  • 英語ビジネス・ディスカッション
  • 英語ビジネス・ライティング
  • TOEIC Preparation
  • Corporate Finance
  • International Management
  • 英語で学ぶ経営学:ファイナンス、組織・労務、マーケティング、会計、ツーリズム、ビジネスと消費者行動
  • 意識調査法
  • 数量ファイナンス
  • マーケティング・リサーチ
  • データ解析
  • ビジネス・シミュレーション

カリキュラムの特徴

必修外国語である英語の授業は1年次で週4コマ、それ以外に選択必修外国語の授業は週2コマあります。(1コマ90分)
アメリカのビジネススクールをモデルとした、4つのコア科目群に沿ったカリキュラム。
(1)総論・組織論・労務論、(2)財務論・ファイナンス、(3)マーケティング・流通論、(4)会計学に加え、「ビジネス英語」「簿記」「情報・解析」等の3スキル科目で、実践的な技能を習得します。