文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

国際地域文化研究科国際地域文化専攻(博士後期課程)

教育理念と目標

専攻主任 川島正樹 教授

今日の国際状況において、人間の行動様式の総体を規定する条件としての文化が、政治や経済とともに、国際社会や諸地域における重要な要素となっていることに注目し、「文化と社会の多元性の認識に基づき、民族集団や人種間の協調を図り、国民国家を超えた文化的・社会的共生を実現すること」を目的とします。博士後期課程では、博士前期課程における3研究領域を発展的に統合し、「アメリカ」「スペイン・ラテンアメリカ」「アジア」「日本」の間の相互交流を中心に据えた学際的・領域横断的な国際地域文化研究を行い、グローバル化と地域文化尊重が同時進行する現代社会にみられる様々な状況を読み解く高度な分析力の獲得を目指します。

専攻の特色

21世紀の国際社会は、政治・経済・文化の様々な場面において、グローバル化と地域文化への再評価が同時進行する複雑な様相が明らかになっています。そうした状況を受け、国際地域文化研究科博士後期課程では、博士前期課程で深められた「文化と社会の多元性の認識」や「国民国家を超えた文化的・社会的共生」という視点を更に推し進め、国際社会の多元化に対応し、地域を超えた文化的・社会的共生のダイナミズムを理論的かつ実証的に解明するための学際的・領域横断的な国際地域文化研究を目指します。

カリキュラム

専門科目

  • 文化史A(文化交流史研究)
  • 文化史B(近現代史研究)
  • 文化史C(物質文化研究)
  • 文学論A(文学・文化研究)
  • 文学論B(文学研究)
  • 文学論C(演劇研究)
  • エスニシティ研究A(人種・民族研究)
  • エスニシティ研究B(宗教・社会研究)
  • エスニシティ研究C(多民族社会研究)
  • 国際関係論A(外交史研究)
  • 国際関係論B(安全保障論)
  • 国際関係論C(国際経済論)

研究指導科目

  • 研究指導ⅠA・B~ⅥA・B

学位

  • 博士(地域研究)

期待される進路

  • 国内、国外における教育機関、研究機関での研究者
  • 国際的、学際的視野を持った、先導的高度専門職業人