南山大学

 

[名古屋キャンパス]理工学部

誰も見たことがないテクノロジーを、世界へ。

日本のモノづくり拠点から、世界で通用する技術者・研究者を送り出す。

日本のモノづくりの拠点として、世界の先端企業が集まる中部地区。産業の国際競争が激しさを増す中、現場では絶え間なく技術革新が進み、高度な専門技術をもとに新しい製品や価値を生み出せる技術者へのニーズが急速に高まっています。理工学部では、これまでに培った研究実績や、産業界との信頼関係を継承しつつ、より地域性を重視し、世界で通用するモノづくりを学びます。

理念・目的

理工学部では、数学、物理学を基礎とし、機械制御工学、通信工学、電子工学、ソフトウェア工学、オペレーションズリサーチ、統計学などの技術を専門的に習得、すべての学科で理学と工学を融合した学びを取り入れています。
また、中部地区は工業生産地の中心であり、自動車や家電製品などに搭載されるソフトウェアは、その開発や制御方法などの分野で、新技術の実現可能性が高いと期待されています。システムの中身を理解し開発できる人材を育成すると共に、データの数理的分析手法を応用し、企業の戦略部門で活躍できる人材を育成します。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー
理工学部では、南山大学の建学の理念に基づく「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを踏まえつつ、理学の基礎の上に開発工程支援技術と製品開発技術に関する専門知識を修め、それらを有機的に統合させることで、産業変化に伴う技術の変貌に対して柔軟に対応できる技術者の養成を目指します。そのために、技術者養成の観点から特化した以下の能力を身につけた者に学士(理工学)の学位を授与します。
  • 専門領域の技術者に求められる倫理的な行動規範を理解し、その実践を通じ、人間の尊厳を尊重することのできる能力
  • 多様な専門的背景を持つ人々との対話を通じ、開発工程支援や製品開発を協調して行うことのできる技術コミュニケーション能力
  • 数学、物理学、ネットワーク工学、情報学の基礎的な知識とそれを問題解決に適用する論理的思考能力
  • 専門領域における知識や技術を製品開発や問題解決に応用することのできる能力
  • 専門領域における製品開発や問題解決のための知識や技術を、当該領域における普遍的な工程支援技術として再構成することのできる抽象化能力
カリキュラム・ポリシー
理工学部では、ディプロマ・ポリシーに示す能力を養成するために、理学の基礎の上に開発工程支援技術と製品開発技術に関する専門知識を涵養する学部共通科目および専門科目を配置します。
学部共通科目では、1年次から2年次にかけて数学、物理学、ネットワーク、プログラミングの講義と演習を通じ、理学の基礎的な知識力および論理的思考能力を養います。理工学基礎演習と理工学概論では、理工学部における専門知識に対する導入的な内容とともに、情報リテラシーや専門領域の技術者に求められる倫理規範について学び、実践することで、人間の尊厳を尊重することのできる能力を養います。海外の大学等において、英語でのコミュニケーション能力や、技術英会話などの能力をより高めたい者は、理工学部海外研修を選択することもできます。
専門科目では、学科においてそれぞれの専門領域における知識と、それを個別の製品開発や問題解決に応用する能力とともに、当該領域における製品開発や問題解決のための普遍的な工程支援技術に関する知識を養います。各学科の演習科目や卒業研究科目では特定のテーマについて研究し、成果を卒業論文としてまとめることで、それまでに学んだ専門知識を深化させ、技術実践力を高めます。研究を遂行する中で、指導教員や研究室の同僚などとのやりとりを通じて技術コミュニケーション能力を高めるとともに、専門領域における知識力や問題解決能力、論理的な思考力、製品開発や問題解決の技術を普遍的な工程支援技術に抽象化することのできる能力を総合的に養います。
アドミッション・ポリシー
理工学部では、大学のアドミッション・ポリシーに基づき、以下の資質を持つ人を受け入れるために、一般入試、全学統一入試、センター利用入試、推薦入学審査(学園内高等学校、カトリック系高等学校、指定校)、外国高等学校卒業者等入学試験、外国人留学生入学審査の入学試験(審査)を実施しています。
  • 数理的思考能力にすぐれ、その応用に関心を持つ人
  • コンピューター、機械、通信の仕組みやその動作原理について関心を持ち、それらの数理的な説明に興味を持つ人
一般入試と全学統一入試、センター利用入試では、理学の基礎知識を数学、理科(物理、化学)の試験科目で評価し、英語その他の科目の能力と併せ、総合的に評価します。学科の教育内容に応じて重視する科目が異なります。
推薦入学審査では、基礎学力の中でも数学の能力を重視します。小論文では、科学技術に関する文章を読解し、論理的思考に基づいて表現する能力を評価します。口頭試問では、各学科の専門領域に対する学習意欲や目的意識や、自らの考えを論理的に表現する能力を評価します。
外国高等学校卒業者等入学試験、外国人留学生入学審査では、大学のアドミッション・ポリシーに挙げられた点に加え、数学の能力と、各学科で学ぶ意欲や目的意識、論理的表現力を評価します。

学部長

理工学部長 沢田 篤史 教授

[ 専攻分野 : ソフトウェア工学 ]

理工学部長
沢田 篤史 教授
長期研究 「ソフトウェア開発支援環境」
組込みソフトウェア工学、モデル駆動型開発、統合開発支援環境
短期研究「情報家電サービスの構築支援」
ホームネットワークミドルウェア、機能協調サービス記述言語
 

理工学部の3学科

システム数理学科

ソフトウェア工学科

機械電子制御工学科

[ 学科内容 ]

「オペレーションズ・リサーチ(OR)」「統計学」「情報数学」の3つの柱から数理モデル化技術を学び、実社会における多様な問題を合理的かつ効率的に解決する力を養います。

システム数理学科詳細

[ 学科内容 ]

数理的知識を基礎とし、実社会への応用を視野に入れながら、家電、自動車、PCなど多様な製品に組み込まれるソフトウェアの計画・開発・利用について集中的に学びます。

ソフトウェア工学科詳細

[ 学科内容 ]

モノづくりの土台となる「理学の基礎」と、それを人や社会に役立てる「工学知識」、製品を的確に作動させる「情報技術」を総合的に養い、多分野に応用できる力を磨きます。

機械電子制御工学科詳細

お問い合わせ