南山大学

 

名古屋キャンパス/経済学部 経済学科

  • 学生/男子:750名 女子:490名 (2017年5月1日現在)
  • 教員/24名

開講科目・ゼミテーマ・卒論テーマ

Pick Up 授業

データ処理入門 [1年次]/データ解析 [2〜4年次]
必修のデータ処理入門では、データを読み取り、的確に表現することを目標に、分析と表・グラフ作成を講義やコンピュータ実習で学びます。データ解析は、応用的な実習を通して、実践的な力を身につけるための選択科目です。
経済英語 [1〜4年次]
英語で書かれた日本経済に関するテキストを用いて、経済および経済学に関わる基本的な用語、表現等を学び、ビジネス英語や外書購読など、他の経済外国語科目を学ぶ上での基礎的な英語能力を養います。
上級ミクロ経済学 [2〜4年次]
この講義では、ミクロ経済学の知識を用いて、例えば、(1)排出量取引がCO2の効果的な削減をもたらすしくみ、(2)環境税の導入が消費や生産に与える影響などを分析しながら、資源の効率的な配分のあり方について学びます。
金融論 [2〜4年次]
テレビや新聞の経済ニュースを読み解く上で役立つ、金融の制度や市場のしくみ、政府の金融対策などに関する知識を学びます。また、基礎的な理論を学び、金融と関わる様々なできごとを理解する力を養います。
労働経済学 [2〜4年次]
労働経済学は、社会に出て働くことについて、客観的に考える科目です。日本では人々がどのような仕事をしているのか、失業問題はなぜ起こるのか、家庭と仕事の両立は可能か、などの疑問について統計データを用いながらさぐります。
国際経済政策論 [2〜4年次]
この講義では、国際的な経済取引に関する各国政府の経済政策について、その制度・理論・現状を学びます。また、国際貿易や金融システムの歴史、FTA/EPAに代表される地域貿易協定、通貨統合といった話題についても扱います。

ゼミテーマ例

  • 経済データを利用し、時事問題に強くなる。
  • ゲーム理論で考える 経済・社会
  • 新時代の就業について
  • 日本の金融システム
  • 年金制度の現状と課題について
  • アジアの経済発展 日本&日本企業との関わりを考える

卒論テーマ例

  • ファストファッションと日本の衣料品市場
  • 金融の自由化と今後の銀行業界
  • 日本の財政再建 増税について考える
  • 女性労働とキャリア形成
  • 環境破壊と生物多様性の消失
  • 中国経済の強さ、脆弱性と今後のあるべき姿