南山大学

 

[名古屋キャンパス]経済学部

経済学で明日を予見する。

社会の問題を的確に予見し、解決策を導き出す能力。

深刻化する環境問題や急速な情報化・国際化など、現代社会は絶え間なく変化し、明日を予測することさえ困難な状況にあります。経済学部では理論的な思考能力を発揮して社会に起こる問題を的確に予見し、解決策を導き出す能力を養います。

理念・目的

本学部は、「キリスト教世界観に基づく学校教育」という建学理念と、その理念に基づいた「人間の尊厳のために」という教育モットーにしたがって、1960年4月に設立されました。経済学部がめざす教育目標は、経済学の基礎的・専門的な知識と幅広い教養を身につけることにより、社会のさまざまな分野で活躍できる人材を育成することです。特に、国境を越えて展開する経済活動がますます重要になっていますから、「分析力・応用力」とともに、「国際性」を備えた人材の育成が重要であります。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー
経済学部では、南山大学の建学の理念に基づく「人間の尊厳のために」(Hominis Dignitati)という教育モットーを踏まえつつ、経済学の専門的な知識を修め、国際社会における経済活動に求められる幅広い視野と実践力を備えた人材を育成します。そのために、以下の能力を身につけた者に学士(経済学)を授与します。
  • 経済学の理論・実証、国内外の経済事情、経済の歴史・思想に関して理解する能力
  • 経済分析、経済政策、国際経済、経済史・経済思想の複数分野における学習により修得した、現実の経済問題を社会全体の広い文脈に位置づけながら分析・検討・議論できるだけの思考力と表現力
カリキュラム・ポリシー
経済学部では、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を養成するために、共通教育科目、学科科目を配置します。
共通教育科目では、大学のカリキュラム・ポリシーに示す能力を養成します。
経済学科科目では、経済学を中心とした社会科学の基本を学ぶための科目、専門分野を外書で学ぶ経済外国語科目、各自の将来のキャリアを考え国際社会における英語でのコミュニケーション能力を身につける社会人基礎力科目を配置します。
特に定量的なアプローチを重視し、学科科目を構成します。1年次においては、経済学の基礎理論を修得する「マクロ経済学」「ミクロ経済学」、経済学の理解に必要な数学的知識を修得する「経済学のための数学」、統計的資料の基本的扱いを学ぶ「データ処理入門」等の講義科目のほか、資料・文献の報告及び議論の手法を学ぶための経済基礎演習を必修科目とします。
2年次以降は、経済学を中心とした社会科学を学ぶ専攻分野科目、経済外国語科目、社会人基礎力科目等を通じて、経済問題を社会全体の広い文脈に位置づけながら検討、議論する思考力と表現力を育てます。さらに3年次以降の経済専門演習では、社会で求められる発想力や論理的思考力、自己表現力を、卒業論文の作成を通じて涵養します。
各科目の学修成果は、講義概要に示された到達目標の達成度に応じて評価します。
アドミッション・ポリシー
経済学部では、大学のアドミッション・ポリシーに基づき、経済学を中心とした社会科学の教育を通じて、世界の現実を理解し社会に貢献する国際的人材の育成を目指しています。
カリキュラム・ポリシーに沿った教育を通じて、経済・社会問題の本質を理解するための専門的知識と思考力を修得し、仕事、人生、社会の中で役立てるとともに、多様な価値観を許容し、自己と他者の尊厳を重んじる力を身につけられる学生を求めます。そのため、経済・社会問題に関する文献を読みこなす思考力、理論的・実証的モデルを理解し得る計算能力と、日本や世界の歴史や文化、地理的特性に関する基礎知識に加えて、さらに以下のような資質を有する人を受け入れるために、一般入試、全学統一入試、センター利用入試、推薦入学審査(学園内高等学校、カトリック系高等学校等、指定校)、社会人入学審査等の試験・審査を実施します。
  • 社会・経済に強い関心を有し、経済学部で学ぶ知識を用いて社会に貢献したいと考えている人、またそのための準備となる経験・技能を、企業や公共団体、NPO等各種組織・団体における活動などを通じて、身につけている人
  • 自分の意見や知識を組み立て、伝えることのできる、論理的思考力と文章表現力を持つ人
一般入試、全学統一入試およびセンター利用入試では、経済学部で学ぶための前提となる基礎学力、とりわけ外国語、国語、数学、歴史についての知識を主に評価します。
推薦入学審査では、高等学校における学業の成績や社会的活動の経験に加えて、小論文とグループ面接により、表現力、論理的思考力、大学での学習意欲等を評価します。
社会人入学審査では、経済学部で学ぶ明確な目的と意欲、口頭および文章による表現力を面接や小論文などを通じて評価します。
外国高等学校卒業者等入学試験および外国人留学生入学審査では、主に日本語と英語の運用能力および経済学部において勉学する目的の明確さや適性について評価します。

学部長

経済学部長 林 順子 教授

[ 専攻分野 : 日本経済史 ]

経済学部長
林 順子 教授
長期研究「近世尾張経済の歴史的な位置づけ」
尾張藩領における政治、産業、物流などの側面から、現代のモノづくりを中心とした中部経済の問題点、将来像を考察する。
短期研究「近世名古屋商人の経営と尾張藩経済」
尾張藩、特に徳川宗春の経済政策を整理し、それぞれの政策の名古屋商人への影響と対処を探ることで、近世尾張経済の特徴を明らかにする。
 

長所

経済学部では、知識偏重に陥ることなく、人間性を重視する経済学の教育をとして、自ら考え、判断できる人々を育てようとしています。そのため1・3・4年次において経済演習(ゼミナール)を必修とし、学生は担当教授の指導の下で、小人数クラスで行われるゼミナールの実践を通して、研究遂行・発表・討論・レポート作成の技法を学ぶとともに、自らの課題を求め、資料や文献を探索し、自発的に研究に取り組むこととしています。また、経済学部のカリキュラムでは、基礎理論や数学・データ分析などが1年次の必修科目となっていますから、学生は1年次において経済学を学ぶ上で必要な「基礎」を集中的に修得することができます。2年次以降においては、基礎を生かして専門科目を主体的に選択することができるように配慮され、学生の興味と知識水準に応じて自主的な勉学を進めることができるように工夫されています。

 

お問い合わせ