文字サイズ
  • SNS公式アカウント
  • YouTube
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

理工学研究科 ソフトウェア工学専攻(博士前期課程)3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

ソフトウェア工学専攻では、理工学研究科博士前期課程のディプロマ・ポリシーに示す能力に加えて、以下の力を身につけた者に修士(ソフトウェア工学)の学位を授与します。

  • 応用分野を選ぶことなく、様々なソフトウェア開発プロジェクトの先頭に立ち、多種多様な技術を取り入れながら開発を遂行できるソフトウェア技術者の能力

カリキュラム・ポリシー

ソフトウェア工学専攻では、研究科共通科目、基礎科目群、専攻科目および研究指導科目からなる教育課程を編成し、その履修を通して、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を身につけた人材を育成します。理工学研究科の他の2専攻と相互に補完し合いながら、理学の方法論を背景に、開発工程支援技術、とくに、ソフトウェア開発工程の要素技術と製品開発支援技術およびメタ技術を教育するために、専攻科目を配置します。
研究指導科目では、基礎的なソフトウェア技術の教育、実践的なソフトウェア開発問題解決の指導を行い、ソフトウェア技術に関する修士論文作成のための研究能力を涵養します。

アドミッション・ポリシー

ソフトウェア工学専攻では、本専攻のカリキュラム・ポリシーに沿って編成した教育課程を修めるために十分な学力を備え、かつ理工学部のディプロマ・ポリシーに示す力と同等の力を備えている人、とりわけ本専攻の専門性に鑑み、その目的を達成することに強い意欲を持つ以下の人、入学後に本専攻のディプロマ・ポリシーに示す能力を身につけられる人を受け入れます。

  • 数学、物理学、英語の基礎学力を有する人
  • ソフトウェア工学または情報科学の基礎知識を有する人
  • ソフトウェアに関する技術に興味をもつ人
  • 本専攻で習得した技術を用いて社会に貢献する意欲のある人

入試種別や評価方法については、理工学研究科博士前期課程のアドミッション・ポリシーに準じます。