南山の先生

学部別インデックス

総合政策学部・総合政策学科

BOSAKAIBO, B. Georges

職名 講師
専攻分野 国際開発
主要著書・論文 ステークホルダーの参加が地域開発に及ぼす影響:コンゴ民主共和国モンガラ州の伐採プロセス』ブリストル2022年、メディアックス、328ページ
将来的研究分野 行政の障害、その改革と開発への影響
担当の授業科目 プロジェクト研究
総合政策基礎演習
総合政策外国文献購読Ⅰ(英語)

開発管理におけるガバナンスと政治の重要性

コンゴ民主共和国出身の神言宣教師であるボサカイボ・ボミノ・ジョルジュと申します。現在、2018年から南山大学政策学部の講師として務めている。2013年にガバナンス専攻、平和構築学副専攻で国際開発学院の修士号を取得し、2018年に名古屋大学で国際開発学の博士号を取得しました。研究テーマは、コンゴ民主共和国およびアフリカの開発に関連するガバナンス、行政、平和構築である。
政治とガバナンスの定義ですが、政治学とは国家の運営を行うことです。政治とは、人、資源、権力の関係である。政治学は、資源の使用、生産、提供のプロセスを幅広く理解することである。世界銀行は、ガバナンスを「国家の問題を管理するための政治権力の行使」と呼んでいる(世界銀行1989年、p.6)。
政治が国家を形成し、国家が開発を形成する "と言われている。このことは、すべての近代国家が、国内の安全保障と外部からの攻撃に対する防衛、国民経済の振興と保護、民主化、それに伴う社会福祉の提供の要求といった4つの主要な課題に直面しなければならないことからもうかがい知ることができる。また、"効果的な国家は発展のために不可欠であり、中心的な存在である "ということを理解することが重要である。効果的な国家は、良い教育、より良い医療、より良い雇用機会、誠実で反応の良い政府といった上位4つの優先事項を大切にしなければならない。
ガバナンスは、政府が社会の発展のために目標を達成するのを助けるための行政の質と結びついている。国家が適切に機能するためには、効率的で応答性が高く、透明性があり、説明責任を果たすことのできる行政が必要です。
質の高い行政を構築するには?ピーター・エバンス(1995)は、途上国を「開発国家」と「略奪国家」、そして両者の間(「失敗した開発国家」として)に分け、「略奪国家」を官僚制の欠如と特徴づけている。そして、開発の主要な障害は、経済的なものよりも行政的なものであるとしている。官僚制度は非効率かもしれないが、国家の政治経済を安定させる重要な役割を担っている。したがって、効果的な国家が開発の鍵なのである。
開発と関連した平和構築も私の研究テーマである。この2つの概念は非常に重要でる。私の研究は、戦争で荒廃した社会で平和を構築し、開発プロジェクトを促進するために、治安部門とその改革に焦点を当てている。また、政府、反政府勢力、市民社会、民間セクターなど、戦争に関与した役者についての研究は、紛争の理由と、平和構築や開発促進におけるそれぞれの役割を理解するためのものである。
このように、私はガバナンス、行政、平和構築の3つの分野に興味を持ち、それらの諸問題を理解し、分析し、開発を促進するための政策を提案・立案していきたいと考えている。
高校生の皆さんには、ぜひ南山大学の総合政策学部に来てほしいと思う。ここには、彼らが社会の様々な問題を研究し、それを分析し、社会の問題を改善するための政策を立案することができる場所なのである。高校生の皆さんは、政府職員、様々な企業の行政官、国際機関の職員になるために、政策立案者になることを志向することができる。