受験生の皆様

学部・学科

人文学部

キリスト教学科

人類文化学科

キリスト教の深い理解をもった心豊かな人に。

キリスト教と様々な宗教との対話や比較、歴史と思想の探究、生命や環境への倫理的な問いかけなどを通して、現代社会に生きる人間が直面する多様な問題の解決を図る力を身につけます。

歴史や文化を深く理解し、世界で活躍できる人材を育成します。

「人類文化の幅広い多様性と、人間の普遍的な本質の追求」を目標に、考古学、文化人類学、哲学、言語学といった学問分野の学びを通して、人類の歴史をひも解いていきます。

心理人間学科

日本文化学科

人間理解と、その先へ。

自分自身について、自己と他者との関係について、そして、人間とは何かについて学ぶことができます。日本で唯一といえる「理論学習と体験学習との統合」を柱としたカリキュラムが特長です。

日本の文化と言葉を学び、世界に日本を語る。

日本語を正しく適切に、そして豊かに運用できる言語能力と、文学、芸能、美術、思想、歴史などの日本文化に関する幅広い教養と理論的な思考力が身につきます。

このページのTOPへ戻る▲

外国語学部

英米学科

スペイン・ラテンアメリカ学科※2専攻制

世界を舞台に活躍できる人材を育成します。

グローバル社会の第一線で活躍できるよう、優れた語学力に加え、十分な異文化対応能力と国際理解力を培います。また英語で物事を考え、討論する能力を身につけていきます。

【スペイン専攻/ラテンアメリカ専攻】

21の国と地域にまたがるスペイン語圏を中心に世界を学びます。

世界で4億人以上もの人が母語とするスペイン語を学び、スペインやラテンアメリカの地域についての社会や思想、文化、政治、教育、歴史などを幅広く学んでいきます。

フランス学科※2専攻制

ドイツ学科※2専攻制

【フランス文化専攻/フランス社会専攻】

変動する世界をフランスから読み解く批判的思考力を培います。

「聞く・話す・読む・書く」を含めたオールラウンドなフランス語の運用能力を育成するとともに、フランスの文学、歴史、文化、社会にまで学習研究を深めていきます。

【ドイツ文化専攻/ドイツ社会専攻】

ドイツを知る、世界を識る。

ドイツ人教師、日本人教師による徹底的なドイツ語のオールラウンドな学習とともに、ドイツの歴史や哲学、文学から、現在の政治・経済・外交・社会など幅広く学んでいきます。

アジア学科※2専攻制

 

【東アジア専攻/東南アジア専攻】

成長するアジアと日本を繋ぐ人材を育成します。

日本とアジアとの関係は緊密になり、相互依存も深まっています。こうした中で、中国語、インドネシア語を身につけ、コミュニケーションを通して相手の立場を理解し、日本の立場を説明できる人材を育成します。

このページのTOPへ戻る▲

経済学部

経済学科

発想力、論理的思考力、自己表現力などに優れた人材の育成。

1年次から学生が主体の演習を行い、自らが主体的に学んでいく姿勢を身につけます。その一方で、経済学の基礎的な知識をしっかり習得し、経済の今を見抜く力を育てていきます。

経営学部

経営学科

経営に関わる課題を発見し、解決に導く論理的思考力を養う。

企業経営に必要な(1)総論・組織論・労務論(2)財務論・ファイナンス(3)マーケティング・流通論(4)会計学、以上4つの分野を中心に学ぶとともに、実践力を磨くビジネス英語、簿記、情報・解析の科目を修得します。

このページのTOPへ戻る▲

法学部

法律学科

現代社会を見据えて、論理的思考力、表現力などに優れた人材の育成。

法律学の基礎的素養を習得し、現代社会において生じる様々な問題を的確に理解・把握する能力と、それらの問題を整理・分析し、適切な対応で解決する能力を育成していきます。

総合政策学部

総合政策学科 

多様な視点から社会問題を解決に導く人材の育成。

複眼的な視点から問題を認識し、分析し、解決策を導き出す能力を身につけます。実践的なアプローチが可能となるように、様々な専門分野を持つ教員がサポートします。

このページのTOPへ戻る▲

理工学部

システム数理学科

ソフトウェア工学科

数理学的な理論と思考力を源泉に社会の問題に挑む。

数学とコンピュータを活用して、問題を理論的に解決していく手法を学びます。問題設定能力、情報分析力、数式モデルをつくる能力、最適化能力といった複合的な能力を養います。

進化するソフトウェア技術に対応できる力をみがく。

高度なソフトウェアシステムを企画・開発・利用するための理論や方法を学んでいきます。課題解決のための実践的な思考力とともに、新しいモノを生み出す創造性を発揮する力も養います。

機械電子制御工学科

 

理学と情報技術を基盤として最先端のテクノロジーを学ぶ。

モノづくりの世界で存在感を増しつつある制御システムや情報通信技術について、基礎から応用まで含めて学び、新しいモノづくりを創造する技術者を育てます。

このページのTOPへ戻る▲

国際教養学部

国際教養学科

 

発想力、論理的思考、自己表現力などに優れた人材の育成。

授業の多くが英語を使用言語としています。議論に参加し、発言する能力を鍛えるために、講義とグループディスカッションを組み合わせたアクティブ・ラーニング形式の科目を多く配置していることも、国際教養学科の特徴です。

このページのTOPへ戻る▲