.


.

2005年度学生納入金改定について

−授業料、施設設備費とも据え置きを決定−

 2005年度南山大学学生納入金について、2004年9月24日開催の南山学園理事会は、「入学に際しての宣誓」に示されたスライド制による授業料の算出根拠のうち、2005年度授業料算出においては、教育研究条件改善計画に応じた改定率(増額に作用)を+0.46%とし、授業料を据え置くことを決定しました。あわせて、施設設備費についても、2004年度学生納入金改定において1万円アップを行ったことにより、大学の施設設備取得費および維持経費増には十分対応可能と判断し、2004年度と同額とする決定をいたしました。
 スライド制による授業料は、教育・研究条件改善のための改善率(通常3%)と、学生1人当り総経費増減率となる人事院勧告による国家公務員給与改定率、過年度の国庫助成金の増減に応じて算出される率を合算して算出しています。
 今回の授業料据え置きの算出根拠は、教育研究条件改善計画に応じた改定率0.46%に加え、国庫助成金増額率(減額に作用)0.46%、人事院勧告による国家公務員給与改定率(増額に作用)0%を加算した結果によるものです。
【名古屋キャンパス学部学生】
授業料を現行の71万8千円に据え置くとともに、施設設備費を現行の21万円に据え置く。
【名古屋キャンパス大学院学生】
法務研究科を除く研究科については、授業料を現行の57万4千円に据え置くとともに、施設設備費を現行の10万5千円に据え置く。
法務研究科については、授業料を現行の100万円に据え置くとともに、施設設備費を現行の20万円に据え置く。
【瀬戸キャンパス学部学生】
名古屋キャンパス学部学生の授業料に、総合政策学部は10万円、数理情報学部は20万円をそれぞれ加算して算出する。総合政策学部は現行の81万8千円を、数理情報学部は現行の91万8千円を据え置く。施設設備費は名古屋キャンパス学部学生と同額とし、両学部とも現行の21万円を据え置く。
【瀬戸キャンパス大学院学生】
総合政策研究科は現行の62万4千円(社会人学生は65万4千円)を、数理情報研究科は現行の67万4千円(社会人学生は73万4千円)をそれぞれ据え置く。施設設備費は名古屋キャンパスの法務研究科を除く大学院学生と同額とし、現行の10万5千円を両研究科とも据え置く。
(総務部)