.


.

今春退職の3教授に名誉教授称号授与



 南山大学は、今春退職された人文学部五百旗頭博治教授、外国語学部栗須公正教授、経営学部藤井達敬教授の3氏に対し、永年の功績を称え名誉教授の称号を授与した。授与式は4月2日、学長室にて行われた



 五百旗頭 博治
  名誉教授

 五百旗頭博治氏は1935年生まれ。60年上智大学文学部卒業、64年同大学神学部卒業。68年京都大学大学院文学研究科修士課程修了、文学修士の学位取得。専攻分野は中世思想、キリスト教学。68年南山大学文学部助手に任用、84年教授に就任。「キリスト教概論」を担当。教務委員会委員長等を務めた。2000年学部改組に伴い、人文学部に移籍。



 栗須 公正
  名誉教授

 栗須公正氏は1936年生まれ。59年早稲田大学第一文学部卒業。67年フランス・グルノーブル大学大学院博士課程修了、文学博士の学位取得。専攻分野はフランス文学。71年南山大学文学部助教授に任用、77年教授に就任。「フランス文学」を担当。文学部仏語学仏文学科長、学長補佐、副学長などを務めた。2000年学部改組に伴い、外国語学部に移籍。



 藤井 達敬
  名誉教授

 藤井達敬氏は1939年生まれ。62年慶應義塾大学商学部卒業。64年同大学大学院商学研究科修士課程修了、商学修士の学位取得。67年同大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。専攻分野は会計学。66年南山大学経済学部助手に任用。68年経営学部設置に伴い、経営学部に移籍、85年経営学部教授に就任。「会計学」を担当。大学評議会評議員(経営学部選出)、経営学部長、経営学研究科長などを務めた。