.


本学一般入試に12,291名、全国入試には3,397名が志願

 2004年度の本学一般入試には12,291名の志願者があり、昨年度に比べて2,796名(18.4%)の減少となった。全国入試への志願者は3,397名で、489名(12.6%)の減少となり、史上最多の志願者を集めた昨年度に比べて全体では3,285名の大幅減少となった。
■全国入試
 全国入試は2月7日に行われた。昨年度の14会場から、静岡および富山の2会場を増設して16会場となった。すべての会場において混乱なく試験を実施することができた。
 昨年度多くの志願者を集めた大垣会場では、本年度も収容限度に近い1,005名の受験者が集まり、これに対応する大学側の人員を確保するため、他の試験会場から試験監督者をシフトしたりするなどの対応措置をとった。また、受験に際して特別措置を要する受験者のために、大垣会場の別室として、名古屋キャンパスに試験室を設置して対応した。

全国入試(浜松会場)

■本学一般入試
 本学一般入試は例年どおり2月9日から5日間にわたって実施された。天候にも恵まれ、全体として試験運営は順調に終えることができた。
 地下鉄名城線の延長により新設された名古屋大学駅から、東門を経由して来学した受験生は、延べ約3,000名にのぼった。
■合格発表
 合格発表は2月20日に名古屋キャンパスにて掲示し、それと同時にインターネットでも発表した。キャンパスの掲示場では、いつもながらの悲喜こもごもの風景が繰り広げられた。
■入試対策室設置
 出題ミスなどに即応するために、危機管理マニュアルに基づいて「入試対策室」が設置され、受験者へのお知らせをはじめとする対応措置が講じられた。

 本学の2004年度入試は、全体的にみて問題なく実施されたと言えよう。
(丸岡高弘 試験運営委員会委員長 外国語学部教授)


2004年度 一般入学試験結果
 

PDF資料

2004年度
一般入学試験結果.pdf

48k

上記の表の資料(1ページ)