.


.

南山学園が創立七十周年を迎える





厳かに祈りを捧げる南山学園理事長(右から5人目)

 今年創立七十周年を迎えた南山学園は十一月九日、記念ミサ・式典および講演会を行なった。
 南山教会での記念ミサではミカエル・カルマノ学園理事長とペドロ・シモン学園長、各学校長、そして神言会総会長のアントニオ・ぺルニア師、日本管区長の菊地功師による司式で約三百名の学園関係者が祈りを捧げた。
 南山学園講堂での記念式典では、理事長が挨拶、ぺルニア師と日本カトリック司教協議会会長名古屋教区長の野村純一師(菊地功師代読)から祝辞を賜った。その後の記念講演会では、小島プレス工業株式会社取締役会長であり南山大学名誉博士である小島鐐次郎氏が「ライネルス神父と南山学園」と題し講演した。