.

2001年度パッヘ研究奨励金
特定研究助成の交付決定


▽科学技術をめぐる公共圏の可能性=小林傳司教授(人・人)▽日本語スクランブリングの統語分析=斎藤衛教授(人・人)▽自然言語の機能範疇と比較統語論=青柳宏助教授(人・人)▽中世前期における武士氏姓の「源平」化=青山幹哉助教授(人・人)▽サルトル研究=谷口佳津宏助教授(人・人)▽「総合学習」の導入をめぐる諸問題=石田裕久教授(人・心)▽「虫」の学際的研究=長谷川雅雄教授(人・心)KNECHT,Peter教授との共同研究▽教育政策における中央・地方間関係の研究―地域社会における教育の新たな展開―=田子健教授(人・心)▽言霊療法・ムントセラピー=アッセマ庸代助教授(人・心)▽妊娠シミュレーターの装着体験が青年の妊娠関連意識に与える影響=浦上昌則助教授(人・心)▽近代文学に於ける小説・批評論の研究=細谷博教授(人・日)▽「大航海時代の語学書」としてのキリシタン文献―ブラジル、インド現地語諸文献との対比を中心にして=丸山徹教授(人・日)▽平家物語・近代小説研究(伝承文学研究の視座から)=美濃部重克教授(人・日)▽徳川日本の表象と権力=櫻井進教授(人・日)▽『源氏物語』をめぐる日本人の教養の研究=辻本裕成助教授(人・日)▽神論の研究=鳥巣義文教授(人・キ)▽エリアーデと日本の知識人の思想・学説に関する比較研究=奥山倫明(人・キ)▽トマス・アクィナスの人間論の研究=井上淳講師(人・キ)▽ヴェトナム戦争をめぐる国際関係の歴史的研究=藤本博教授(外・英)▽伝達様式による言語的変異研究=玉崎孫治教授(外・英)▽アメリカ合衆国市民権運動史研究―南部の地域闘争を中心に=川島正樹助教授(外・英)▽統語理論と心理言語学:中国語・日本語・英語の名詞句の特性=村杉恵子助教授(外・英)▽英語のget受け身構文の統語論的分析と照応的空範疇について=鈴木達也助教授(外・英)▽直接・間接的コミュニケーション方略の日米比較研究=高井次郎助教授(外・英)▽Lifelong Learning and Mature Students in Japanese University Programs=WRIGHT, Mark助教授(外・英)▽Using the Narrative Mind=DEACON, Brad(外・英)CROKER,R.講師、 YARDLEY,G.助教授との共同研究▽ジェニー書簡集の解読と内容の研究=大久保泰甫教授(外・フ)▽カントの教育思想=加藤泰史教授(外・ド)▽Social and Economic History of Germany after World War II 1945-1955/90=STEITZ, Walter教授(外・ド)▽ドイツ文学に表現された水の聖霊たち=横田忍助教授(外・ド)▽北カリマンタン共産党の研究=原不二夫教授(外・ア)▽中国におけるグローバリゼーションの深化と社会意識に関する社会学的研究=松戸庸子教授(外・ア)▽市河寛斎研究=蔡毅教授(外・ア)▽インドネシア、スンダ近代文学の変容=森山幹弘助教授(外・ア)▽ニクラス・ルーマンの経済システム論に関する研究=大谷津晴夫教授(経・経)▽日系メーカーアジア子会社における人材の現地化=林尚志助教授(経・経)▽就業構造と所得分配の変化=岸智子助教授(経・経)▽協同組合における平等主義の意義に関する理論的分析=上田薫助教授(経・経)▽投資信託の経済分析=吉本佳生助教授(経・経)▽環境外部性を考慮した経済モデルにおける利他主義の効果についての研究=井上知子講師(経・経)▽小国開放経済における安定化政策と成長=唐澤幸雄講師(経・経)▽少子高齢化の経済効果=宮澤和俊講師(経・経)▽ゲーム理論の研究=穴太克則助教授(営・営)▽職場環境と労働健康災害の評価―産業別データに基づくヘドニック分析―=薫祥哲教授(営・営)▽3次元組織コミットメント尺度日本語版の開発とその応用=高橋弘司助教授▽組織学習とシステム思考=安藤史江講師(営・営)▽「企業と法」の経済分析=後藤剛史講師(営・営)▽韓国国際私法の改正=青木清教授(法・法)▽@我が国における司法消極主義と積極主義―視点の設定―Aわが国における政教分離をめぐる司法消極主義と積極主義=中谷実教授(法・法)▽社会保障行政訴訟における「権利」概念の研究=岡田正則教授(法・法)▽手形の流通性=今泉邦子助教授(法・法)▽アントワーヌ・ファーブルとファルキディウス法の計算=田中実助教授(法・法)▽種類株主間の利害調整のあり方について(法・法)=高橋真弓講師(法・法)▽レネッサンス時期に於ける政治学と法学の総合関係 : F.グイチャルヂーニの助言=CAVALLAR, Osvaldo教授(総・総)▽世界的再編成下にある鉄鋼業の立地と貿易―空間均衡モデルによる分析=橋本日出男教授(総・総)▽仏語によるマダガスカル文学(散文) : 資料収集及び関係者との初対面=HOLLAND, Ronald教授(総・総)▽公会計制度改革の研究=亀井孝文教授(総・総)▽わが国憲法構造の今日的転換の特質=小林武教授(総・総)▽The Geopolitics of East Asia=LIM,Robyn教授(総・総)▽スイス法と血統認識権=松倉耕作教授(総・総)▽日本における「風水」と環境=目崎茂和教授(総・総)▽東南アジアにおける新華僑=田中恭子教授(総・総)▽今日の状況下における宗教と倫理=渡邉学教授(総・総)▽日比通商航海条約交渉と批准問題=吉川洋子教授(総・総)▽トランスナショナル・エスニシティ―海外日系人協会の事例研究―=浅香幸枝助教授(総・総)▽居住環境の経時的変動に関する実証分析=加藤尚史助教授(総・総)▽国際政治におけるNGO=POTTER, David助教授(総・総)▽仏典音義と漢語語彙研究=梁暁虹助教授(総・総)▽カトリック教会における信徒(レイメン)の使命=VOLPE, Angelina助教授(総・総)▽ローマ帝政末期におけるキリスト教異端諸派の排斥メカニズムと教会制度確立過程の解明=山田望助教授(総・総)▽Perseverance and Withdrawal of College Semi-narians=MUNCADA, Felipe講師(総・総)▽ビジネスモデルを指向するソフトウェアフレームワークとその開発方法論に関する研究=青山幹雄教授(数・情)▽ネットワークソフトウェアの形式的構成法に関する研究=野呂昌満教授(数・情)張漢明講師、蜂巣吉成講師との共同研究▽ソフトウェアエージングに関する研究=尾崎俊治教授(数・情)▽DNAコンピューターを実用化するための研究―生物実験による実現可能な情報の符号化について―=陳慰(数・情)▽耐故障コンピュータのためのソフトウェアの設計と実現=児玉靖司講師(数・情)▽大規模分散ファイルシステムの研究=宮澤元講師(数・情)▽統計的方法のロバストネスとその応用=木村美善教授(数・数)▽Interpret-ability logicのシークエント体系について=佐々木克巳助教授(数・数)▽容量制約付きハブ配置問題の解法の研究=佐々木美裕講師(数・数)