南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン201号No.9
南山ブレティン201号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13

Special Events

2017.3.18

南山エクステンション・カレッジ公開講演会

写真:南山エクステンション・カレッジ 公開講演会 映画字幕翻訳者の戸田奈津子氏

3月18日に、南山大学創立50周年記念基金事業南山エクステンション・カレッジ公開講演会として、映画字幕翻訳者の戸田奈津子氏をお招きし、「字幕の中に人生〜スクリーンからのぞく海外文化〜」をテーマに名古屋キャンパス・フラッテンホールでご講演いただきました。

10年近い下積み時代を経て、1,500本以上の作品を手掛けてきた戸田氏は、観る人が映画そのものを楽しめるように考えた字幕づくり、夢を持ち続けることや情報ではなく教養を身に付けることの大切さについて、数々の著名な俳優との出会いから体験したことを交えながら語られました。

戸田氏の貴重な体験談は、ご来場者の方々を魅了していました。

2017.3.20

2016年度卒業式

写真:2016年度卒業式の様子

3月20日に、名古屋キャンパス体育館で2016年度卒業式を行い、2,250名(学部生2,145名、大学院生105名)の卒業生を送り出しました。

3月末日で任期満了により退任のため、最後の卒業式となったミカエル・カルマノ前学長は、告辞において、南山大学の教育モットー「人間の尊厳のために」についての"food for thought"(考える材料・食料)として「南山大学の卒業生であることは皆さんにとって何を意味するのか」と問いかけました。卒業証書の中身・位置づけを定義するディプロマ・ポリシーの具体例として、パッヘ初代学長の記念碑に刻まれている言葉「汝らは世の光なり」を挙げ、「その場そのとき自分の光を輝かせて、この世を少しでも明るくするのは本学卒業生の使命」であると述べ、南山大学の教育モットー「人間の尊厳のために」が、自分の光を積極的に輝かせる勇気や人生の支えとなることを祈っていますとメッセージを贈りました。

当日はインターネット(USTREAM)で卒業式の模様を同時中継しました。

2017.3.31-2017.4.5

フレッシュマン祭

写真:フレッシュマン祭の様子

3月31日から4月5日までの(4月3日を除く)5日間、フレッシュマン祭を開催しました。

これはクラブやサークルを紹介する新入生歓迎のイベントで、キャンパス内のメインストリート等にブースを設けたり、グリーンエリアでは、応援団による演舞披露や音楽団体による歓迎ライブ等を行ったりし、自分たちのクラブを新入生に紹介していました。

2017.4.1

2017年度入学式

写真:2017年度入学式の様子

4月1日に、名古屋キャンパス体育館で2017年度入学式を行いました。カトリックの厳粛な雰囲気の中、2,477名(学部生2,407名、大学院生70名)の入学者を迎えました。

鳥巣義文新学長は告辞において、「本学は教育モットーとして『人間の尊厳のために』を掲げています。人を敬い相互に大切にする社会の実現を目指しているということです。本学で学び始める皆さんには、自分の目の前の物事や現象、さらに皆さん自身について『問いかけ』をお願いしたい」と語りました。また、共有したい言葉として「自覚・成長・円熟」という三つの言葉を挙げ、自分自身の勉学の目標を問うことによって「自覚」された事柄を実現するために「成長」し、さらに「円熟」を目指してくださいとメッセージを贈りました。

当日はインターネット(USTREAM)で入学式の模様を同時中継しました。