南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン201号No.5
南山ブレティン201号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13

INTERNATIONAL FRIENDSHIP

アメリカでの交換留学 外国語学部英米学科4年:近藤葉月 留学先:Georgetown University(アメリカ合衆国) 留学種別:交換留学 留学期間:2016年8月26日〜2017年5月13日

ジョージタウン大学は、1789年に創設された、アメリカ内で最も古いカトリック系大学の一つです。南山大学での授業を通して政治学に興味を持ったため、政治の中枢をなす首都ワシントンDCに位置し、政治や国際関係等の学問に優れたこの大学を交換留学先に選びました。ジョージタウン大学での授業は、予想を遥かに超えて難関なものでした。それぞれの学問への関心度が高く、博学多識な学生と授業を受ける日々はとても刺激的です。授業ごとの予習、復習に何時間かけても自分の意見を持つまで情報処理が追い付かないこと、またそのためうまくディスカッション展開することができないことなど、悔しい思いをすることが多々ありました。特に秋学期は自信をなくした時期が長く続きましたが、「頼れる友達をクラスで一人は作る」、「一日二回は発言する」、「課題は締め切り三日前には終わらせ、教授に確認してもらう」など具体的な目標を持って行動していくうちに、授業に積極的に参加できるようになりました。春学期にはより専門的な授業を選択し、悪戦苦闘しながらも前回と同じように乗り越えられるよう、工夫をしながら取り組みました。

勉強に膨大な時間をかけてはいましたが、私は留学をするにあたり、「勉強だけに留まらない」と決めていたため、課外活動にも力を入れました。大学内でのオーディションを受けアカペラグループの一員になることができ、勉強の合間に練習に励みました。私の所属するグループは、英語だけでなく韓国語、ロシア語、中国語、フランス語、そして日本語など多国の歌を歌う特殊なグループでもあり、難しいと同時に一つひとつの歌にやりがいを感じました。一学期間に五つほどのステージに立ち、「大勢の人の前で歌を披露する」という昔からの密かな夢を叶えることができました。信頼できる仲間にも恵まれ、留学生活がより楽しく、より充実したものになりました。

これらの活動に加え、私は日本のテレビ局のワシントン支局でのインターンシップも経験しました。週に一度ではありますが、街の中心部にあるオフィスに通い、アメリカで働くことを少し経験することができました。去年は大統領選挙が行われたこともあり、取材などを通して専攻であるアメリカ政治をより身近に感じることができたと同時に、原稿作りや撮影など、ニュース番組がどのように作られているのかを知ることができ、貴重な経験をさせて頂いたうえ、目まぐるしく変動する状況を肌で直接感じ、報道する側の視点から見ることができ大変勉強になりました。

留学したことによって、周囲の協力を得ながらも、様々な場面で自ら思写真:アカペラグループの仲間と共にい切った一歩を踏み出すことの大切さを学びました。その積み重ねによって掴んだチャンスは、必ず次の成長へと繋がっていきます。留学生活は終わってしまいましたが、ここでの経験を帰国後も最大限に生かすことが出来るよう、引き続き努力していきたいと思います。