南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン201号No.2
南山ブレティン201号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 - 12 - 13

LEARNING COMMONS Q棟2階ラーニング・コモンズ開設

写真:ラーニング・コモンズ

2017年4月、従来からある図書館やS棟に加え、Q棟(2017年2月竣工)2階に「ラーニング・コモンズ」を開設しました。約700㎡のスペースに4つのエリアを設け、学生が集い、グループ学習やプレゼンテーションの準備、論文・レポート作成など様々な学習用途に利用可能です。多目的な学習スペースとして、学生の主体的な学びを支えます。

画像:ラーニング・コモンズ施設の紹介

文部科学省「平成28年度私立大学等改革総合支援事業」
タイプ4「グローバル化」に選定

本学は、文部科学省が実施する「平成28年度私立大学等改革総合支援事業(以下、本事業という)」において、タイプ4「グローバル化」に選定されました(平成29年3月通知)。本事業は、教育の質的転換、地域発展、産業界・他大学等との連携、グローバル化などの改革に全学的・組織的に取り組む私立大学等に対する支援を強化するため、文部科学省所管の補助金により、経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するものです。
 今回タイプ4「グローバル化」に選定されたことにより、私立大学等教育研究活性化設備整備費補助金への申請が可能となりました。本学では「Q棟2階ラーニング・コモンズ整備事業」を申請し、2017年4月に補助が確定いたしました。
 本学は、Q棟2階ラーニング・コモンズをキャンパスのグローバル化に対して質的変革を起こす施設として位置づけました。ラーニング・コモンズの設置は、大学教育の中心である学生の自主的な学びを促進することを目的とすることはもちろんのこと、さらに多様な文化的背景をもつ学生同士のグループ・ディスカッションやコラボレーションを通して、キャンパスのグローバル化に貢献する知的拠点を生み出すことを最大の目的としています。既存の枠にとらわれない新たな発想や問題解決策を創発・創出する新たなラーニング・コミュニティとしての役割を期待しています。
 引き続き、本学の建学の精神に基づき、さらなる教育の質の向上と充実に努力してまいります。