南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン193号No.11
南山ブレティン193号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11

Information

2014年度 学長表彰

卒業予定者のうち品行方正で、学業あるいは課外活動で特に優れた成績を修めた学生、または特に顕著な善行が在学中継続した学生32名に、その努力と栄誉を称え、学長から表彰盾が手渡されました。

【人文学部】
【外国語学部】
【経済学部】
【経営学部】
7名
7名
3名
3名
【法学部】
【総合政策学部】
【情報理工学部】
【短期大学部】
3名
4名
3名
2名

2015年度 学部長表彰

年度ごとに品行方正で学業に優れた成績を修めた学生127名に、その努力を称え学部長から表彰状が授与されました。

【人文学部】
【外国語学部】
【経済学部】
【経営学部】
21名
24名
15名
14名
【法学部】
【総合政策学部】
【情報理工/
 理工学部】
【短期大学部】
15名
21名
14名

 3名

名誉教授称号授与

人文学部 津村俊充教授、経済学部 花井敏教授、法務研究科 中谷実教授に対し、その功績を称え2015年4月1日付で名誉教授の称号を授与しました。

 
(左から2人目)花井敏教授

(左から2人目)津村俊充教授
 
(左から2人目)中谷実教授

学位

太田達也 教授 外国語学部
Dr. phil ハレ大学
2014年5月5日付
藤本 博 教授 外国語学部
博士 (国際関係学) 立命館大学
2015年2月27日付
泉水浩隆 准教授 外国語学部
博士 (言語学) 上智大学
2015年3月5日付

退職 2015年3月31日付

●人文学部

教授  津村俊充
講師  鈴木 真

●経済学部

教授  花井 敏

●経営学部

准教授  岡部桂史

●総合政策学部

教授  SEIGEL,Michael
講師  大庭弘継

●理工学部

教授  市川 朗
教授  腰塚武志

●ビジネス研究科

教授  広瀬 徹

●法務研究科

教授  上口 裕
教授  唐津 博
教授  中谷 実

新任用教員紹介 2015年4月1日付

●人文学部

講師  池田 満(専攻分野:社会心理学、コミュニティ心理学)

●外国語学部

准教授  山辺省太(専攻分野:アメリカ文学・文化研究)

●経営学部

准教授  中島裕喜(専攻分野:日本経営史、日本経済史)

●ビジネス研究科

教授  安藤真澄(専攻分野:広告コミュニケーション論、マーケティング戦略論)

●法学部

教授  菅原 真(専攻分野:憲法)

●理工学部

教授  坂本 登(専攻分野:制御工学)
准教授  中島 明(専攻分野:制御工学)
講師  阿部俊弘(専攻分野:統計科学)

●英語教育センター

語学講師(L.I.)  WOOD, Joseph(専攻分野:英語教育)

●人類学研究所/人文学部

准教授  藏本龍介(専攻分野:文化人類学、ミャンマー地域研究)
講師  藤川美代子(専攻分野:文化人類学)

寄附者ご芳名

「南山大学将来構想募金」への ご協力に感謝いたします。

株式会社三菱東京UFJ銀行名古屋営業本部名古屋営業第四部 部長 中野 智之 様
株式会社進研アド 代表取締役 川目 俊哉 様
株式会社桜木不動産コンサルタント 不動産鑑定士 武藤 正行 様
大村 綾子 様
西川 和廣 様
加藤 稔 様
浅田 史彦 様
味岡 源太郎 様
倉知 修一 様
渡辺 良一 様
近藤 健一郎 様
堤  善昭 様
中村  徹 様
永井 恭子 様
牛田 雄久 様
尾川 佳枝 様
杉原 輝幸 様
若原 憲男 様
道下 美樹 様
深谷 香椎 様
稲木 三四郎 様
浅田  弘 様
清家 忠男 様
服部 真樹子 様
立道 和久 様
平子 哲朗 様
武 昭洋 様
三品 雅義 様
松本 勝男 様
伊藤 淑子 様
本多  久 様
山嵜 弘和 様
松岡 佐和美 様
増井 克己 様
黒田 惠二 様
船田 行子 様
岩月 敏晴 様
稲垣 むつみ 様
柳澤 幾美 様
丸山 雅夫 様
中田 晶子 様
匿名ご希望者
3名様

「南山大学教育研究支援」へのご協力に感謝いたします。

コニックス株式会社 代表取締役社長 吉田 治伸 様
(集塵カート、分別ボックス、除塵マット、オリジナルマット)
物質文化研究会 代表 後藤 明 様 南山ビジネススクール八期生有志一同 様
黒川 勝己 様
小川 武男 様
渡邉  正 様

発行サイズが新しくなりました

サイズを変更し情報量が増え、さらに多くの南山大学の「今」がお届けできるようになりました。また、構成も変わって読みやすくなり、さらに親しんでいただける冊子となりました。

これからも読みやすい誌面を目指し努めてまいりますので、引き続きご愛読いただきますよう、お願い申し上げます。