南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン192号No.9
南山ブレティン192号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10

全日本柔道形競技大会で準優勝

2014年11月22日に開催された平成26年全日本柔道形競技大会の「柔の形」で、人文学部人類文化学科3年の石田真理子さんと、同学科卒業生の石田桃子さんの姉妹ペアが準優勝を果たしました。

写真:人文学部人類文化学科3年の石田真理子さんと、同学科卒業生の石田桃子さんの姉妹ペアが準優勝

石田さんは3年連続で愛知県予選、東海地区予選で優勝を果たして全日本柔道形競技大会に出場し、2012年第2位、2013年第3位、2014年第2位と、3年連続優秀な成績を収められました。石田さんの今後の目標は、全日本柔道形競技大会で優勝し、世界選手権やアジア選手権に出場することだそうです。また、「形」も柔道の大事な一部なので、もっと多くの方に興味を持っていただければ、と話してくれました。


国際学会にて「BEST STUDENT PAPER AWARD」受賞

2014年12月3〜5日にオーストラリア・メルボルンにあるSwinburne University of Technologyにて開催された「6th International Conference on Modeling, Identification and Control」写真:理工学研究科機械電子制御工学専攻博士前期課程1年の山本隆之さんにて、理工学研究科機械電子制御工学専攻博士前期課程1年の山本隆之さん、理工学部の高見勲教授、陳幹准教授が研究発表をし、「BEST STUDENT PAPER AWARD」を受賞しました。

研究発表タイトルは“Robust control design for ball screw system via descriptor representation and loop shaping” - ボールスクリューを用いた位置決め制御システムのロバスト制御系設計- で、山本さんは「国際学会は自分にはハードルが高いという意識がありましたが、何度も制御系設計と実験を繰り返し、英語での発表練習も行い、何事も諦めずに行うことが大事だと実感しました。」と語ってくれました。


製パン会社「永楽堂」と連携 高齢者向けパンの共同開発

経営学部石垣ゼミナールの学生が、地域の活性化とマーケティングを実践で学ぶことを目的に、名古屋市瑞穂区の株式会社永楽堂とパンの共同開発に学生主体で取り組み、市場調査を兼ねて名古屋市内5ヵ所の老人ホームで試食会を行いました。写真:経営学部石垣ゼミナールの学生名古屋市緑区にある「ラ・プラスヒルトップ」では、糖質の少ないふすまパンなど3種類のパンを提供。お年寄りに試作品の説明をしながら、率直な感想を尋ねました。

学生は今回の企画を振り返り、「協力をしてくださった企業の担当者から学ぶことが多く、感謝の気持ちで一杯」「このような活動が経営学部全体にいい影響を与えられたら」と笑顔で話してくれました。


経営学部の学生が「歩きスマホ」の注意喚起広告を制作

経営学部石垣ゼミナールの学生が、日本鉄道広告協会中部支部と連携して制作した「歩きスマホ」の注意喚起広告が、株式会社NTTドコモ東海支社協賛により2015年1月13日から7日間、JR名古屋駅構内にある日本最大級の連続・写真:経営学部の学生多面駅デジタルサイネージ「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」で放映されました。

誰もが知る昔話に着目し、スマートフォンに夢中になっていると「大事なものを見逃すよ」と呼びかけるユニークな広告は、初日から新聞やTVで大きく取り上げられました。制作を手掛けた学生は「見た人にどう感じてもらいたいかを常に意識しました。企業と連携したこの活動は大きな学びとやりがいがありました。」と語ってくれました。