南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン190号No.8
南山ブレティン190号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11

私のクラス

中 裕史 外国語学部 アジア学科 教授

『関わり』を通して学ぶ

中尾 陽子 なかお・ようこ
経営学部 経営学科 准教授

専攻分野は心理学、人間関係トレーニング。
研究テーマは人間関係トレーニング・プログラムの開発と実践研究。
主な担当科目は心理学、組織心理学、経営演習 など。

私は、南山大学の経営学部に所属しています。専門が心理学ということで、学生さんから「なぜ心理学の先生が経営学部なんですか?」と尋ねられることもありますが、実は、心理学と経営学って、とても仲のいい学問なのです。私は、心理学の中でも人間関係のトレーニングに関心があるため、学生さん同士がよりよい人間関係を築く力を養うことを、また、そのような力を社会の中で発揮していただくことを目指して、ゼミの時間を中心に、『ラボラトリー方式の体験学習』という学び方を用いた授業を行っています。写真は、昨年のゼミ合宿時のものですが、3・4年生のゼミ生が合同で、4年生の就職活動体験をもとに自分達で考えた実習に取り組み、その体験のふりかえりとフィードバックを通して、お互いに気づきや学びを深め合いました。

私は、共通教育の心理学などのいわゆる講義科目でも、出来る限り受講生同士が関わりを持ち、お互いの意見を話し、聴きあえる機会を設けるようにしています。このような場面では、自分が苦手とするコミュニケーションにチャレンジしたり、他者との意見の違いから自分らしさやその人らしさを見つけ出していく学生さんの姿に度々出遭うことができ、私にとっても大きな喜びを感じる時間です。大人数の講義はどうしても受け身に写真:授業風景なりがちですが、南山のように規模の大きな大学は、こういう授業こそ、異なる学部学科の方同士が時間と空間を共にし、刺激し合う絶好のチャンス。準備は少し大変ですが、これからも、他者との関わりを通して学ぶ場面を積極的に作っていきたいと考えています。