南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン188号No.9
南山ブレティン188号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10

小さなことほど丁寧に、
当たり前のことほど真剣に
藤澤 明美  外国語学部フランス学科 2011年度卒業
  • 2012年度全日本空輸株式会社(ANA)新卒入社。客室乗務職。
  • 国内線担当。2014年春より国内国際マルチ班に移行。
藤澤 明美 外国語学部フランス学科 2011年度卒業

ANAの客室乗務員として入社して2年が経ちました。私が毎日欠かさず自分に言い聞かせている言葉があります。それは、「小さなことほど丁寧に、当たり前のことほど真剣に」です。この言葉に出会ったのは、南山エクステンション・カレッジのエアライン就職対策講座でした。誰も気づかないような小さなことも、手を抜かずに丁寧に取り組めば感性が磨かれる。当たり前のことを普段から真剣に取り組んでいれば、やがては大きな信頼につながる。元ANAの客室乗務員である講師の方が教えてくださったその言葉に、私は虜になりました。元々人前に立つことが得意ではなく、その上恥ずかしがり屋の私にも客室乗務員になれるチャンスがあるかもしれない、そう思った瞬間でした。

それからは仏語や英語など語学力を高め、レストランでの同僚と休みを利用して宮古島を訪れました。ゆっくりおだやかな時間を堪能したり、観光スポットに出向くことで、お客様との会話の引き出しを増やすことも心掛けています。(筆者:写真右側)アルバイトをしてはホームステイや海外旅行に出向き、大学生活を楽しみながら夢を追いかけました。飛行機にはいろいろな想いを抱えたお客様がいらっしゃいます。それぞれのお客様に合ったサービスをすることの大切さ、またお客様の命をお預かりする保安員として、常に万が一を想定しながら乗務することの重大さを日々実感しております。

努力に終わりはありません。これからもずっと、小さなことを一つずつ経験し、学び、生かし、お客様を安全で快適に目的地までお送りするために、一便一便心を込めて乗務してまいります。どんなときも私らしく、楽しむ気持ちも忘れずに。