南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン188号No.1
南山ブレティン188号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10

2014年度からの学長、副学長が決定いたしました。任期 2014年4月1日〜2017年3月31日(3年間)※南山短期大学学長は、在学生が居なくなるまでの経過措置によります。
南山大学長(再任)南山大学短期大学部学長(再任)南山短期大学学長(再任)人文学部 教授  ミカエル・カルマノ南山大学長(再任)南山大学短期大学部学長(再任)南山短期大学学長(再任)人文学部 教授  ミカエル・カルマノ

2008年度以来務めてきた学長職は、今回の再任で3期目に入り、責任をとても感じております。「再任」なので「継続」という印象も与えるでしょうが、今回の「継続」にはかなりの変化が含まれています。南山大学が2007年度から手がけているグランドデザインの実現に向け、「絶えざる自己改革」という変わらない姿勢で次の3年間も引き続き全力を尽くして参りたいと思います。

具体的には、カトリック系ミッションスクールである南山大学の建学の精神を保ちながら、高等教育機関を取り巻く環境の変化に注意をはらって、将来計画を進めて参ります。その一方で、時代の変化の最中にも変わらないことがあるという信念を再発見する覚悟と勇気をもって、南山大学の教育モットー「人間の尊厳のために」を引き続き国際社会に発信していきます。

これらのことは、私ひとりでできることではありません。3名の副学長と共に、昨年から敷いたOne Campus Many Skillsの路線、お示しした改革方針の具体化に力を入れていきます。引き続き皆様のご協力を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

※2017年、全学部・全学科を名古屋キャンパスに統合します。

副学長(総務担当・将来構想担当) 鈴木 敦夫
副学長
(総務担当・将来構想担当)
情報理工学部 教授

鈴木 敦夫

専攻分野

オペレーションズ・リサーチ(OR)

研究テーマ

施設配置問題の研究、
ORの手法の実際問題への適用

副学長(教学担当) 中 裕史
副学長
(教学担当)
外国語学部 教授

中 裕史

専攻分野

中国現代文学

研究テーマ

中国近現代文学研究、
四川作家研究

副学長(国際担当 牛田 千鶴
副学長
(国際担当)
外国語学部 教授

牛田 千鶴

専攻分野

教育学、ラテンアメリカ地域研究

研究テーマ

米国および日本におけるラテンアメリカ系移民児童・生徒の母語維持と学力の相関性

※2014年4月、理工学部に名称変更

学長ストラップ 新商品近日発売予定! 今回の学長ストラップは、ミカエル・カルマノ学長がカエルと共に船に乗っており、将来構想実現に向けての船出をイメージしています。底面は液晶クリーナーとなっています。[名古屋キャンパス/コパン3階NES(ネス)、瀬戸キャンパス/E棟学生会館 丸善にて販売予定]

将来構想推進室を設置

 現在計画中の将来構想(キャンパス統合、学部の改組改編等)を実行していくための体制として、2014年4月1日より将来構想推進室を設置し、室長に現・将来構想担当副学長の情報理工学部教授・野呂昌満をあてることといたしました。

※2014年4月、理工学部に名称変更