南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン183号No.2
南山ブレティン183号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7

 Special Events

9.29
父母の集い

 9月29日、名古屋・瀬戸両キャンパスにて第40回「父母の集い」が開催されました。
 ミカエル・カルマノ学長、加藤真澄理事長(名古屋キャンパスにて)、藤田光昭副理事長(瀬戸キャンパスにて)の挨拶に続き、第1部では本学担当者より、学生生活、海外留学、就職状況などについて説明が行われました。また、全体会に続いて第2部では、本学卒業生4名による「卒業生が語る就職活動〜就職活動体験談〜」を石川良文就職委員会委員長をコーディネーターとして実施しました。卒業生には、自分の就職活動における経験談に基づき、企業にアピールした点、就職活動で困った事や、苦労した事、ご両親に対して感謝している事などをそれぞれ話していただきました。
 両親に感謝している点については、「自分の思うとおり、やりたいようにやらせてもらえました。」という意見や、「両親には選考中や内定後、判断を迫られる時の相談相手として支えてもらえました。」などの意見がありました。参加された方からは、「卒業生の生の声を聞かせて頂く事ができて参考になりました。」と多くの感想をいただきました。

10.20-28(瀬戸)、10.30-11.11(名古屋)
秋の図書館企画展 平治物語絵巻
〜源平合戦の幕開け〜
 10月20日〜28日(瀬戸キャンパス)、10月30日〜11月11日(名古屋キャンパス)、それぞれ両キャンパスの図書館にて秋の企画展「平治物語絵巻〜源平合戦の幕開け〜」が開催されました。『平治物語絵巻』は「三条殿夜討巻(さんじょうどのようちのまき)」、「信西巻(しんぜいのまき)」、「六波羅行幸巻(ろくはらぎょうこうのまき)」の三巻の存在が知られており、本学はその三巻の複製資料を所蔵しています。
 今回の企画展では、図書館が所蔵し普段は目にすることのない、これらの貴重な資料を展示することにより、見学者の方に日本の歴史に触れてもらい、資料への興味や関心を深めていただきました。

10.30
国連アカデミック・インパクト関連講演会 「武器を持たずに市民として紛争を止めること−その機は熟したか?」開催
 10月30日、R棟フラッテンホールにて国連アカデミック・インパクト関連講演会「武器を持たずに市民として紛争を止めること-その機は熟したか?」が開催されました。この講演会は南山大学は加盟している国連アカデミック・インパクト関連の講演会として行われ、講師として「非暴力平和隊」上級顧問およびウィスコンシン大学名誉教授のアン・フリッシュ氏にご来学いただきました。フリッシュ氏は学生を主とする400名以上の参加者の前で、非暴力平和隊の活動や体験談を熱く語られました。質疑応答では学生からも多くの質問が寄せられ、英語で質問する場面も見られました。学生が平和を考える貴重な講演会となりました。

 
11.3-6
NANZAN FESTIVAL2012・第12回聖南祭
聖南祭  11月3日から11月6日(聖南祭は11月3・4日開催)にかけて、名古屋・瀬戸両キャンパスにおいて南山大学大学祭が開催されました。
 自分達、一人ひとりがかけがえのないピースとして、大学祭という素敵なパズルを完成させようという思いを込め、名古屋キャンパス・南山祭のテーマは「パズル」としました。また、瀬戸キャンパス・聖南祭の今年のテーマは「色えんぴつ」。これには、決して一色だけでは成り立たない、様々な色が揃った時に初めて鮮やかな色が出せるという意味が込められています。つまり、実行委員だけではなく地域の方々や関係するすべての方々が加わることで大学祭の完成を目指しているのです。それぞれのテーマを胸に学生主体の大学祭が今年も盛会のうちに幕を閉じました。
 南山大学同窓会主催、各種イベント盛りだくさんの「ホームカミングデー」も同時開催され(両キャンパス共に11月4日開催)、多くの卒業生とその家族が母校に集いました。
聖南祭

聖南祭

11.10(静岡)、17(浜松)
上智大学・南山大学合同進学相談会@静岡/浜松
 11月10日(静岡)ならびに17日(浜松)に、受験生を対象に「上智大学・南山大学 合同進学相談会@静岡/浜松」が秀英予備校浜松校・静岡校にて開催されました。今回は3回目の開催となり、新企画「秀英予備校講師によるセンター試験対策講座」も開催されました。
 上智・南山両大学のスタッフ・在学生による相談コーナーには多くの高校生が訪れ、学部の特徴や入試方法などについて熱心に質問をしていました。特に在学生の相談コーナーは人気で、高校生の目線に近い在校生が自分の経験を元に高校生の相談に応じていました。
 両日とも盛況のうちに幕を閉じた進学相談会ですが、今後もカトリック修道会を設立母体とする上智大学と合同で進学相談会を開催していく予定です。


2013.3.16
保護者のためのオープンキャンパス
日程:2013年3月16日(土)
場所:名古屋キャンパス R棟 フラッテンホール
 2013年3月16日(土)、名古屋キャンパスにて、高校生の保護者を対象とした「保護者のためのオープンキャンパス」を開催します。南山大学の大学概要説明や保護者向けの模擬授業、個別相談やキャンパスツアーなどが実施されます。また、留学した学生の留学体験紹介や、卒業生による就職活動体験談、キャリアサポート制度など、就職関連の発表も用意しているので、卒業後の進路についても考える事ができる貴重な機会となっています。大学を取り巻く環境が急激に変化しつつある昨今、本学の教育への取り組みを保護者に理解してもらい、進路決定の一助としていただければと思います。
 詳細は2月中旬に本学Webページにてお知らせいたします。

 
2013.3.20
南山大学
2012年度「卒業式典」について
開催日時:2013年3月20日(水)
第1部 午後1時より
第2部 午後3時15分より
場 所:名古屋キャンパス体育館
内 訳
 第1部:外国語学部・法学部・情報理工学部
      短期大学部・国際地域文化研究科
      法務研究科・数理情報研究科
 第2部:人文学部・経済学部・経営学部
      総合政策学部・人間文化研究科
      経済学研究科・ビジネス研究科
      総合政策研究科
問合せ先 名古屋キャンパス 総務課
(phone:052-832-3112)
※保証人様宛のご案内文書は、卒業が確定した学生(2013年3月7日発表)にお渡しする予定です。

参加学生の声
11.3-6
韓南大学校法科大学との学術交流会

森 朱音さん
(法学部法律学科3年)
 南山大学法学部・法科大学院と韓国の韓南大学校法科大学は、毎年大学祭の時期に4日間の交流をしています。交互に各大学を訪問していて、今年は南山大学で交流会を行いました。1日目の歓迎会から始まり、2日目は学術交流会を行いました。これは、両大学の先生方による研究発表です。今年のテーマは「日韓家族法改正の近時の動向」でした。私はゼミで国際私法を専攻しているので、この内容はとても興味深かったです。
 そして、学術交流会の後は懇親会を行いました。今年は交流10周年ということで、南山大学と韓南大学校のマークの入ったケーキが登場し、とても素敵な懇親会になりました。3日目、4日目は、名古屋城や酢の里博物館などを観光しました。
 名古屋を案内するということで、韓国の方が楽しんでくれるのか、また言葉の壁は乗り越えられるのか、始めは不安もありました。
 しかし、最終日のお別れでは本当寂しいよと泣いてくれる子もいて、4日間を楽しんでくれたことに安心しましたし、とても嬉しく思いました。交流会には、今年で3回目の参加でしたが、以前に交流した韓国人の友達とは今でも交流が続いています。
 そして今回も、国境を越えてずっと交流していける友達ができたことが本当に嬉しいです。これからも、南山大学と韓南大学の交流がずっと続いていってほしいと思います。


Special events Schedule
2013.2.2-3.17
明治大学博物館・南山大学人類学博物館・名古屋市博物館 合同企画
「驚きの博物館コレクション展−時を超え、世界を駆ける好奇心」開催
加曽利E式土器(姥山貝塚)
祭司の衣装
(タイ ユーミエン族)
加曽利E式土器(姥山貝塚)
加曽利E式土器
(姥山貝塚)
 名古屋市博物館・明治大学博物館・南山大学人類学博物館合同特別展「驚きの博物館コレクション-時を越え世界を駆ける好奇心-」が2013年2月2日(土)から3月17日(日)まで名古屋市博物館・特別展示室にて開催されます。名古屋市博物館、明治大学博物館、南山大学人類学博物館の3つの博物館が所蔵する多彩なコレクションをもとに、身近な尾張の歴史から世界各所での人間活動まで、人類のあゆみと多様な文化を紹介します。そのキーワードは「驚き」で、先人たちと同じように「こんなものがある!」と驚き、「こんなものまで収集している!」とその執念に驚き、「こんなことがわかるんだ!」とその探究心に驚かされます。盛りだくさんの博物館コレクションをご覧いただき、これらのものにまつわるもろもろを、ぜひとも、驚きながら、お楽しみください。