南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン181号No6
南山ブレティン181号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8

 私のクラス
 
日本人はキリスト教とどう向き合ってきたか
三好 千春 人文学部キリスト教学科 准教授 三好 千春  みよし・ちはる
人文学部キリスト教学科 准教授


専攻分野は「近代日本・朝鮮キリスト教史」。
長期研究テーマは 「近代アジアにおけるキリスト教と社会の関係」。
主な担当科目は、「キリスト教史」 「日本キリスト教史」、「キリスト教概論」。

授業風景
 私が担当する「日本キリスト教史」は、日本という国家とそこに住む人びとが、日本文化にとって非常に異質な宗教であるキリスト教といかに向かい合ったかという問題を、キリシタン時代から現代までの時間幅で扱います。
 授業の内容は、単に日本においてキリスト教がどのように展開されたかという歴史を時系列的に追っていくものではありません。二つの視点、一つは、日本が持っている日本という国家を成り立たせている論理、例えば豊臣秀吉や徳川家康が主張した「神国」というアイデンティティと唯一絶対神を信じるキリスト教の間ではどんな問題が生じたのか、もう一つは「隣人愛」というキリスト教に特徴的な愛の思想とその実践が、日本の人びとや社会にいかなる影響を与えたのかという視点から、日本とキリスト教の関わりを考察することを目指しています。
 この授業を通して、歴史的に物事を見る、考えるということの楽しさと大切さを学生が実感してくれたなら、それにまさる喜びはありません。