南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン181号No.3
南山ブレティン181号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8

 News

キャリアサポートプログラム
 キャリア支援室では全学年に向けた様々なプログラムを開催しています。
 特に、3年生と短期大学部1年生は、これから就職活動が始まります。夏以降に実施するプログラムには是非、積極的にご参加ください。

【学部・学科別学び方講座】(1年生対象)
 4月上旬に新入生対象の「学部・学科別学び方講座」が実施されました。各学科の基礎学力習得のための心構えと学習の具体的方法を指導し、必要な学習方法を身につけてもらう一助とすることが目的の講座です。上級生からのアドバイスを含む学科もあり、学生は熱心に耳を傾けていました。
【夢発見!講演会】
 低年次生の段階で自らの将来を真剣に考え、自らのキャリアを切り開く"自立型人間"を育成するためのプログラムです。講演を通じて「大学で学ぶことと社会で働くことがどのようにつながるか」「将来に向けてどのような学生生活を送るべきか」を考えます。
【キャリア入門A−先輩と熱く語ろう!−】 
 各界で活躍する卒業生をお招きし、社会人としてのやりがいや生きがい、学生時代の体験等を伺います。1〜3年次前半の在学生には学生生活の過ごし方、これからの進路について考えるきっかけになるはずです。

「インターンシップ研修」開始
【「インターンシップ研修」開始】
 4月11日から「インターンシップ研修」(単位付与型)の授業が開始しました。今年度は3年生185名が履修し、7月まで毎週事前研修を行います。夏期休暇中に1〜2週間のインターンシップ研修を体験し、その成果を9月の報告会で発表します。
【進路ガイダンス】
 低年次生が進路決定のために今から準備できることを考えます。南山生の進路状況(就職、進学等)や、キャリア支援室が提供する数々のサポート内容など、今後の進路を考えるうえで有益な情報をお伝えします。
【一般常識・職務適性テスト(1・2年次対象)】
 多くの企業で導入されている選考方法の一つで、国語、数学などの基礎学力や時事・一般常識の精通度が分かります。受検者には診断結果とともに今後の対策に役立つ解説書を配付します。

就職支援プログラム(予定)
(次年度就職活動を行う学生)主に3年次生対象
プログラム名
名古屋キャンパス実施日程
瀬戸キャンパス実施日程
 マスコミセミナー1「放送・新聞」
7月 2 日(月)
 グループ選考対策講座「コミュニケーション能力の習得」
7月7日(土)、7月14日(土)
 マスコミセミナー2「出版・広告」
7月 9日(月)
 エアラインセミナー
7月11日(水)
7月18日(水)
 第2回 就職ガイダンス
9月19日(水)
9月19日(水)

短期大学部1年次生対象
プログラム名
名古屋キャンパス実施日程
 第1回就職ガイダンス「キャリアサポート・就職支援について」
9月19日(水)
 第1回キャリア教育セミナー「キャリア形成とプロフェッショナル意識」



就職内々定者の声 大手自動車メーカー内定 松雄 香渚子(法学部 4年)

大手自動車メーカー内々定
松雄 香渚子(法学部 4年)

大学生活を充実させること。
それが、自分自身を磨くカギ。

 私が希望する総合職に内々定を頂けたのは、大学生活を充実させ自分自身に実力をつける事ができたからだと思います。大学での勉強、アルバイト、様々な国への旅行。そして、1年間の中国留学など、やりたいことはすぐに実践し、全てにおいて妥協しないことを自分のモットーとしていました。その結果、行動力や人との関わり方、精神的なタフネスといった、社会が求めている力が自然と養われたのだと思います。南山大学には自分が頑張ろうとした時、それを真剣に支えてくださる方がたくさんいらっしゃいます。例えば就職活動中はキャリア支援室では、小さな疑問や不安にも親身に答えてくださり、本当に心強かったです。就職活動を終えた今、私が最も行いたいことはお世話になった全ての方々に感謝の気持ちを伝えることです。残りの大学生活も今後の人生にとって有益なものになるよう「好奇心」を大切に、今しかできないことに打ち込んでいきたいです。



学生交流センターへ、ようこそ!!

学生部 学生交流センター担当 岡田悦典教授 名古屋キャンパス「セントルム」スタッフ 安田洋平(経済学部 4年)

学生部 学生交流センター担当
岡田悦典教授
名古屋キャンパス「セントルム」スタッフ
安田洋平(経済学部 4年)

 名古屋キャンパスと瀬戸キャンパスには「学生交流センター」と呼ばれる組織があります。その部屋を名古屋キャンパスでは「セントルム」(D棟21教室)、瀬戸キャンパスでは「アウルラリア」(C棟2階)と呼んでいます。学生交流センターは学生の相互支援(学生が学生を支援する)のための場として2009年秋に設置され、今年度で4年目になりました。
 学生交流センターの傘下には「コア・グループ」と呼ばれる組織が名古屋・瀬戸合わせて11個あり、それぞれのグループが別々のテーマを持って相互支援の活動を行っています。活動テーマには大きく二つの種類があり、一つは各学科内で学年を越えたタテの繋がりを作ることを活動趣旨としています。例えば学科生を対象とした合宿を行い、そこで先輩と後輩、先生との交流を図るといったことを行っています。現在、心理人間学科・ドイツ学科・アジア学科・経営学部・法学部のグループがあります。
 二つ目のカテゴリは、学科の枠にとらわれず全学を対象とした活動を行うグループです。具体的には新入生支援・編入生支援・就職活動支援・教員志望者支援・留学生との交流機会提供などをテーマに活動を行っているグループがあります。
 学生交流センターはこれらのグループに対してコピー機やプロジェクタ等の資機材貸し出しやコア・グループ間の連携促進、グループの運営アドバイスなど様々な形での支援を行っています。希望する学生なら誰でもこうしたコア・グループや学生交流センターの運営に携わることが出来ます。
 また、学生交流センター独自の行事もたくさん行っており、講演会(セミナー)や合宿、お昼ご飯を食べながら先輩の留学/就活体験談などを聞く「ランチトーク」などを開催しています。昨年・一昨年には、瀬戸キャンパスと名古屋キャンパス間を歩くウォーキング大会も開催しました。
 昨年度のランチトークでは学生だけでなく教員も登壇し、普段の講義では聴けない面白いレクチャー(プチ心理学講座、プチインドネシア講座など)も数多くありました。このランチトークは今年度も開催する予定で、名古屋キャンパスでは6月から毎週木曜日の開催を予定しており、瀬戸キャンパスでは既に4月から毎週月曜日に開催しています。また瀬戸キャンパスでは毎週金曜日に留学生とご飯を食べるイベントも行っています。予約などは不要で、希望者は当日直接セントルム/アウルラリアを訪れてください。詳細は順次、学生交流センターのウェブサイトに掲載していく予定ですから是非チェックしてみてください!
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/GAKUSEI/koryu/ 学生交流センター