南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン180号No.9
南山ブレティン180号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10

出会いとご縁に育てられて
 各方面で活躍する本学卒業生をリレー形式で紹介していくブレティン版「南山のDNA」シリーズ、第16回となる今回は社員教育を行う株式会社アイミックにご勤務の水谷翔さんです。
起業家育成塾でのディスカッションにて
起業家育成塾での
ディスカッションにて

 私は南山大学入学初日のことを今でも鮮明に記憶しています。生まれも育ちも三重県桑名市の私にとって名古屋はいわゆる「都会」でした。全国から学生が集まってくる南山大学に入学し、日々新しい人・場所・モノとの出会いがあり、自分の世界が広がり、驚きと感動の連続でした。
大学2年生の時、「起業家育成塾」という団体に参加しました。就職活動に関するイベントの企画・運営と起業家・経営者・専門家の方々へのインタビューが主な活動内容です。活動は現在も継続していますが、東海地方を中心に約30業種50名以上の様々な分野のトップの方々とのご縁をいただき、人生観、仕事への想いといったお話を伺い、内容についてインターネットを通じて配信もしてきました。起業家育成塾での活動を生かし、ビジネスプランコンテストに出場した際には、有り難いことに最優秀賞をいただきました。

ビジネスプランコンテスト授賞式にて
ビジネスプランコンテスト授賞式にて
(筆者:左端)

 一方、生まれて初めて将来のことについて真剣に考えるようになったのも大学在学時のことだと思います。自分が本当にしたいことは何か、自分は何に価値を見出しているのか、将来どんな姿になっていきたいのか、といったことを新しい出会いとご縁の度に自分自身に問いかけていました。
南山大学在学中の皆さんには、学生時代に多くの人と出会い、多くの考え方・価値観に触れ、自分の将来についてよく考える時間を意識して作ることを心がけて欲しいと思います。その時間が自ずと、社会人になってから大きな力となるはずです。