南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン178号No.6
南山ブレティン178号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8

 私のクラス
 CMづくりでマーケティングを体感
  石垣 智徳
 
石垣ゼミナール講義風景
 
筆者著書『Excelによる経営科学』『マーケティングの革新的展開』


ルツ・コンバルメ 講師
いしがき・とものり
ビジネス研究科
ビジネス専攻 教授
専攻分野は「マーケティング」。
長期研究テーマは
「次世代マーケティング支援システムの構築」。
短期研究テーマは
「消費者ベースのマーケティング戦略」。
主な著書は『マーケティングの革新的展開』
(共編著、同文舘出版、2007年)
担当科目は、「マーケティング基礎」「消費者行動」「ブランド・マネジメント」「マーケティング・リサーチ」など。

 私は、2010年度からビジネス研究科に所属し、マーケティング基礎や消費者行動等の科目を南山ビジネススクール(NBS)で担当しています。NBSの授業以外にも経営学部の基礎ゼミナール(1年次、2年次)や経営演習I/II(3年次、4年次)を担当しています。ここでは「私のクラス」にふさわしい2年に1度担当する経営学部の経営演習I/II(ゼミナール)について紹介したいと思います。
 本学で私が初めて担当した学部ゼミナールの目標は、夏休みまでにCMを作ることでした。もちろん、映像までというハードルは設けませんが、作ろうとするCMの意図、その表現方法については必ず解説をするということにしました。3グループに分かれて自分たちが宣伝したい商品を、既存の商品の中から選択し、その良さやイメージを表現し、15秒程度の映像またはそれがわかる解説のプレゼンを行いました。
 映像化までこぎつけられたのは2グループでした。それぞれのグループで企業側の当該商品の売りは何なのか、その売りを消費者に伝えるためには、どのようにすれば伝わるのかという話し合いがゼミナール以外の時間も費やして行われたと聞いています。企業が自社の商品をCMによって伝える難しさを体感してもらえたのではないかと考えています。
 さらにこの夏、11月の大学祭に出店する模擬店のためのマーケティング会議を1泊2日の合宿で行いました。その結果が実を結んでいるのかどうかは、大学祭でのお楽しみということにさせていただきます。