南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン174号No.3
南山ブレティン174号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 

 Special Events

「大学で、未来の自分を探してみよう!」第3回・第4回・第5回
 7月3日・4日、大学の先生や南山大学生と一緒に学ぶ楽しい体験型の講座、南山大学2010年度連続講座「大学で、未来の自分を探してみよう!」 (全5回)の第3回〜第5回が開催された。
 第3回「ロボットやリニモはどうして動くの?」は、理系の瀬戸キャンパス・情報理工学部による講座で、磁気浮上システムの実験装置の見学や二足倒 立型の制御ロボットの操作などの体験企画、乾電池を使った簡単モーター作りも行われ、目の前で釘がグルグル回る様子に受講生の喜びの声があがっていた。 「大学で、未来の自分を探してみよう!」第3回
 第4回「博物館の不思議なモノたち。」は、名古屋キャンパスにある南山大学人類学博物館に展示されている貴重な"モノ"たちを鑑賞した後、実際に土器を手にとり、デッサンしたり、縄文土器と弥生土器の違いなどをグループで話し合ったりした。講座の最後には受講生一人ひとりに《南山大学人類学博物館公認「縄文博士」認定証書》が手渡された。 「大学で、未来の自分を探してみよう!」第4回
 第5回「ココロの地図を描いてみよう!」は、マインドマップの手法を用い、「家族」や「将来の夢」をテーマにカラーペンを使って自分のココロの地図を描き、互いに発表し合った。受講生たちが熱心に取り組む一方で、見学していたお父さんやお母さん達も、壁に貼られた大きな模造紙に向かい、真ん中の「子どもたちの夢がかなうために」のテーマから、ココロの地図を枝(ブランチ)のようにどんどんのばしていった。 「大学で、未来の自分を探してみよう!」第5回
 普段大学に足を運ぶことのない子どもたちにとって、ちょっぴり大人になった自分の姿を見つけるよいきっかけになったのではないだろうか。


朝日新聞・メーテレ
環境7大学
集中公開講座
 今年度名古屋市で開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)を機に、7月7日、名古屋キャンパスにTVキャスターの草野仁氏を迎え、「自然との調和」と題した講演会が行われた。草野氏は出身地である雲仙(長崎県)の自然環境についてのほか、自身の生い立ちとともに守らなければならな い身近な自然について語られた。
朝日新聞・メーテレ環境7大学集中公開講座
 
オープンキャンパス
 2010年度オープンキャンパスが、7月18日に名古屋・瀬戸両キャンパスで開催された。瀬戸キャンパスでは、今年度名古屋市で開催されるCOP10(生物多様性条約第10回締約国会議)に合わせた特別企画や情報理工学部の実験を体感できるツアーなどを実施した。参加者は名古屋キャンパス5465名、瀬戸キャンパス623名、合計6088名で史上最高の来場者数であった。キャンパスで教員や在学生などと接することで、本学の良さを実感していただけたことと思う。
オープンキャンパス
 
名古屋アメリカ研究
夏期セミナー
(NASSS 2010)
 名古屋アメリカ研究夏期セミナー(NagoyaAmerican Studies Summer Seminars,2007−2011:通称NASSS)が、7月24日から27日にかけて、名古屋キャンパスおよび南山学園研修センターを会場として開催された。4年目を迎えた今年は「記憶の共有を目指して」をテーマとし、専門家会議(初日は一般公開)に加えて国内外大学院生が集う「国際大学院生セミナー」が開催され、日米をはじめアジア・太平洋地域で地域研究にたずさわる専門家・若手研究者たちによる活発な討論が行われた。
名古屋アメリカ研究夏期セミナー(NASSS 2010)


2010年度総合政策学部秋学期入学者 卒業式
 総合政策学部秋学期入学者の2010年度卒業 式が8月5日、瀬戸キャンパスにおいて挙行され、アジアの3つの国と地域(中国・ベトナム・台湾)の留学生8名を送り出した。
2010年度総合政策学部秋学期入学者卒業式
 
2010年秋学期外国人留学生別科 入学式
 2010年外国人留学生別科秋学期入学式が9月 2日、名古屋キャンパスにおいて挙行され、世界25の国と地域から148名(内、継続5名)の留学生を迎えた。留学生たちは、入学式の後、オリエンテーシ ョンを受け、南山での留学生活をスタートした。
2010年秋学期外国人留学生別科 入学式