南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン173号No.2
南山ブレティン173号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 

 Special Events

卒業式
 2009年度卒業式が3月21日、日本ガイシホールにおいて行われた。2,187名(学部生2,007名、大学院生180名)の卒業生を社会へ送り出した。
卒業式
 
名古屋キャンパス
第2クラブハウス竣工式
 3月24日、小雨の降る中、カルマノ学長をはじめ多くの列席者のもと第2クラブハウス竣工式が執り行われた。新しいクラブハウスには旧大学会館にて活動していた部活動・サークル団体の部室や防音設備の整った演奏室などが入り、2010年4月の新学期から使用されている。
名古屋キャンパス第2クラブハウス竣工式
名古屋キャンパス第2クラブハウス竣工式
 
インドネシア影絵芝居
ワヤン公演
 3月27日、南山大学創立50周年記念基金事業インドネシア影絵芝居ワヤン公演が名古屋キャンパスにおいて開催された。当日は約400名が来場し、普段なかなか見ることのできないインドネシア影絵芝居を鑑賞した。また影絵芝居が始まる前に南山エクステンション・カレッジにて開講されている「ジャワ・ガムラン演奏講座」の受講生達がインドネシアの民族衣装を身にまとい、ガムラン(インドネシアの伝統的な器楽合奏音楽)の音色を奏で、名古屋キャンパスG30教室はインドネシアさながらの雰囲気に包まれた。
インドネシア影絵芝居ワヤン公演


入学式
 2010年度入学式が4月1日、日本ガイシホールにおいて行われた。カトリックの厳粛な雰囲気の中、学部生2,241名、大学院生183名の入学者を迎え入れた。
入学式
 
CJSフェスタ2010
 4月14日、名古屋キャンパスにおいて、外国人留学生別科(CJS)生が日頃の学びの成果を発表するCJSフェスタが開催された。様々なプログラムが組まれ、「自分の国を紹介しよう」というプログラムでは外国人留学生と日本人学部学生がお互いの国や文化、食べ物や音楽、ファッションについて紹介し合った。2010年春学期(1月〜5月)には世界18の国と地域の留学生が日本語と日本文化を勉強している。
CJSフェスタ2010
 
キャリアサポートプログラム
『夢発見!講演会』
 5月19日、キャリアサポートプログラムの一環として名古屋キャンパスにおいて「夢発見!講演会」が開催された。講師は旭山動物園前園長・小菅正夫氏。「旭山動物園革命〜夢を実現した復活プロジェクト〜」と題し、150名の本学学生に対し、北海道の僻地の動物園が上野動物園の入場者を抜いて日本一となったその裏に隠された汗と涙の物語を中心に講演がおこなわれた。最後に小菅氏は「今、自分たちができることからやる、全員でやる、そして各自ができることをしっかりやる。やればできる!」と熱いメッセージを送った。
キャリアサポートプログラム『夢発見!講演会』


連続講座
 5月29日、大学の先生や南山大学生と一緒に学ぶ楽しい体験型の講座・南山大学2010年度連続講座「大学で、未来の自分を探してみよう!」(全5回)の第1回「英語で世界のことを考えてみよう!」と第2回「裁判員を体験しよう!」が開催された。第1回は日本語厳禁空間である名古屋キャンパスD棟ワールドプラザにて中学3年生を対象に開催された。グループごとに分かれ、それぞれひとつの国について調べたことを模造紙に描き、最後に英語で発表し合った。第2回は名古屋キャンパスA棟模擬法廷教室にて小学4・5・6年生を対象に開催された。ある窃盗事件を題材に模擬裁判が進められ、受講生が裁判員となり有罪か無罪かを討議した。普段大学に足を運ぶことのない子どもたちにとって、ちょっぴり大人になった自分の姿を見つけるよいきっかけになったのではないだろうか。
 7月3日(土)には第3回「ロボットやリニモはどうして動くの?」(瀬戸キャンパス開催)、7月4日(日)に第4回「博物館の不思議なモノたち。」第5回「ココロの地図を描いてみよう!」が開催される。
連続講座連続講座