南山大学
JapaneseEnglish
南山大学ホーム日本語トップ総合案内南山ブレティン172号No.4
南山ブレティン172号
1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 - 8 - 9 - 10 - 11 

 Special Events

ドイツ語演劇
「イエーダーマン」
 2009年11月29日、名古屋キャンパスにおいて、ドイツ語演劇「イエーダーマン−死にゆくあるお金持ちの物語−」が上演された。ドイツ語演劇は今年で61年目を迎える本学の伝統行事で、外国語学部ドイツ学科の学生たちによって演じられている。今回の演目は、金持ち・恋人・神様・死神・悪魔などバラエティーに富んだ登場人物に音楽や踊りも入る大変賑やかかつ厳かな中世風宗教劇で、学生の素晴らしい演技と流暢なドイツ語はおよそ160名の来場者の大喝采を博した。
ドイツ語演劇「イエーダーマン」
 
南山大学・豊田工業大学
連携講演会「アメリカと私」
 2009年12月5日、名古屋キャンパスにおいて、豊田工業大学との第4回連携講演会「アメリカと私」が開催された。本学と豊田工業大学は2003年に大学間連携協定を締結しており、教育・研究分野の相互補完的な資源の活用と教職員の交流、単位互換や図書館の相互利用、課外活動他での学生交流など、教育面、研究面から事務管理部門に至るまで広範な分野において交流を図っている。
南山大学・豊田工業大学
連携講演会「アメリカと私」
 
フォルカー・シュタンツェル
駐日ドイツ連邦共和国大使
本学表敬訪問
 2009年12月11日、フォルカー・シュタンツェル駐日ドイツ連邦共和国大使が本学を表敬訪問された。ミカエル・カルマノ学長(ドイツ連邦共和国ヘッセン州リンブルク出身)らと歓談された後、本学学生向けに「EUの中のドイツの役割」と題した講演会が開催された。
 フォルカー・シュタンツェル大使は、フランクフルト大学において日本学、中国学、政治学を専攻の後、1972年から1975年まで日本への留学経験があり、講演は流暢な日本語で行われた。逆に講演後の質疑応答では、ドイツ語で質問をする学生の姿も見られ、言葉の壁を越えた国際交流の場が展開された。
フォルカー・シュタンツェル
駐日ドイツ連邦共和国大使本学表敬訪問


ドイツ語弁論大会・ドイツ語暗誦大会
 2009年12月12日、名古屋キャンパスにおいて、ドイツ語弁論大会・暗誦大会が開催された。弁論大会は今年で48回目、暗誦大会は34回目を数える本学の伝統行事で、弁論大会には全国から14名、暗誦大会にも全国から16名の参加者を集め開催された。
 
学内会社説明会
 キャリア支援室では毎年本学の学生のみを対象にした学内会社説明会を開催している。今年度は、名古屋キャンパスにおいて6日間、瀬戸キャンパスでは主に情報系が採用対象となる企業を中心に3日間開催され、計335社の企業採用担当者により積極的に企業PRが行われた。
学内会社説明会
 
2010年春学期外国人留学生
別科(CJS)入学式
 1月12日、名古屋キャンパスにおいて、2010年春学期外国人留学生別科入学式が挙行され、世界8の国と地域から46名(聴講生3名を含む)の新入留学生を迎えた。挨拶に立ったミカエル・カルマノ学長は、「南山大学で学ぶことができるのは日本語の単語、文法、表現法だけではありません。もっと重要なことを学ぶチャンスがあると思います。」と述べられ、多くの人と交流し、人類のすばらしい多様性について学び考えて欲しいと語られた。
2010年春学期外国人留学生
別科(CJS)入学式


名古屋キャンパス新棟起工式
 2月5日、名古屋キャンパスにおいて、新棟起工式が執り行われた。
 起工式は、濱口吉隆南山学園副理事長、ミカエル・カルマノ南山大学長、鳥巣義文南山短期大学長などが列席するなか執り行われ、司式指導司祭カバラル神父の司式により神をたたえ神の恩恵を授かるように祈りが捧げられた。
 新棟は、地上7階、地下1階建てで、2011年3月の竣工を予定している。
名古屋キャンパス新棟起工式